みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



映画感想

おすすめ洋画・映画感想レビュー「トランスポーター イグニション」評価・イギリスの新星エド・スクレインが主演…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

「トランスポーター イグニション」は、イギリスの新星エド・スクレインが主演! 「トランスポーター」シリーズは前作まで、主人公フランク役をジェイソン・ステイタムが演じていました。 しかし、6年ぶりの新作となった「トランスポーター イグニション」で…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「LUCY:リュック・ベッソン監督」評価・スカーレット・ヨンハン主演の作品…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

LUCY リュック・ベンソン監督 スカーレット・ヨンハン主演の作品 クラブで出会った怪しい男のせいでマフィアに捕まり、薬の運び屋として体内に薬物を埋め込まれてしまった、スカーレット・ヨンハん演じるルーシー。体内に埋め込まれていた特殊な薬物が漏れ出…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「42〜世界を変えた男」評価・アメリカ初の黒人プレイヤー、ジャッキー・ロビンソンがプロデビューした日…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

アメリカベースボールの大きな転換 『42 〜世界を変えた男〜』 毎年4月25日。アメリカのメジャーリーグの選手すべてが「42」の背番号をつけて試合をします。もちろんイチローもです。その日は、アメリカ初の黒人プレイヤー、ジャッキー・ロビンソンがプロデ…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「トライアングル」評価・過去の自分が未来の自分と戦うループが始まります…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

無限ループ地獄 トライアングル ヨットでクルージングに向かった男女5人が途中で嵐に巻き込まれて遭難します。すると目の前に豪華客船が見えてきました。彼らは客船に助けを求め乗り込みますが船は無人でした。ところが何者かに仲間が順番に殺されます。最後…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「チャッピー」評価・パソコンはVAIOしか登場しない…ロボットもの・人工知能もの映画にまた一つ名作が生まれた…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

「チャッピー」監督:ニール・ブロムカンプ 出演者:シャルト・コプリー、デーヴ・パテル 「第9地区」で一躍有名になったニール・ブロムカンプ監督によるSFアクション映画「チャッピー」。世界で一番危険な街といわれる、南アフリカ共和国ヨハネスブルクを舞…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「スタンド・バイ・ミー(ウィル・ウィトン)」評価・四人の男の子が、死体を見に行く冒険に出るというストーリー…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

スタンド・バイ・ミー(ウィル・ウィトン)は憧れる映画です。 私は女性ですが、男性になりたいと一番私を思わせるのが、スタンド・バイ・ミーです。 男の子だからこそできることが詰まった映画だと思います。 四人の男の子が、死体を見に行く冒険に出るとい…

おすすめアニメ映画感想レビュー「かぐや姫の物語」評価・ジブリ映画を観ていて初めて、その映像の美しさに感動しました…(ネタバレ注意)。 #MOVIE #ANIME

「かぐや姫の物語」の映像表現に感動しました。 私はジブリ映画が大好きです。 誰にも負けないほど好きな自信があります。 好きな理由はいくつもありますが、ストーリーや世界観が大好きです。 しかし「かぐや姫の物語」は、ジブリ映画を観ていて初めて、そ…

おすすめアニメ映画感想レビュー「AKIRA」評価・2020年に東京オリンピックが開催される設定になっている…(ネタバレ注意)。 #MOVIE #ANIME

大いに影響された「AKIRA」の世界観 おすすめのアニメ映画といって「AKIRA」挙げる人は多いはず。 なんといってもあの世界観。物語の設定は2019年。不良少年グループが軍が開発を進めている超能力特殊プロジェクトに巻き込まれていくというもの。

おすすめアニメ映画感想レビュー「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」評価・1998年に上映されたのですが、私は映画館では見る事が出来ずDVDで見ていました…(ネタバレ注意)。 #MOVIE #ANIME

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲は何回見ても涙してしまいます! ポケモンの映画はこれまでで20作品近く制作されています。その中でも1番とも言える映画は、1番最初に上映された「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」です。 この映画は1…

おすすめアニメ映画感想レビュー「おおかみこどもの雨と雪」評価・家族の在り方を、少し変わった形で描いた名作…(ネタバレ注意)。 #MOVIE #ANIME

おおかみこどもの雨と雪は興味深い内容です。 この映画は家族の在り方を、少し変わった形で描いた名作だと思います。ある日、19歳の少女花は、大学でおおかみおとこの少年と出会ったところでお話が始まります。花はおおかみおとこの少年と交流を深めていく…

おすすめアニメ映画感想レビュー「ドラえもん のび太のアラビアンナイト」評価・コロコロコミックに連載されていた際には、大長編ドラえもんの第11作目…(ネタバレ注意)。 #MOVIE #ANIME

ドラえもんのびたのドラビアンナイトは私が初めて劇場で見た映画です。 映画ドラえもんのびたのドラビアンナイトは、劇場版のドラえもんシリーズの第12作目です。かつてコロコロコミックに連載されていた際には、大長編ドラえもんの第11作目であり、今回…

おすすめアニメ映画感想レビュー「YES!プリキュア5鏡の国のミラクル大冒険!」評価・子供向け映画と侮るなかれ、大人も考えさせられる内容です…(ネタバレ注意)。 #MOVIE #ANIME

映画『YES!プリキュア5鏡の国のミラクル大冒険!』 子供向け映画と侮るなかれ、大人も考えさせられる内容です。女の子向けアニメだけど肉弾戦をする、プリキュアシリーズ第5弾の作品です。 まず、この映画は本来映画館に行くと貰える「ミラクルライト」があ…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「ダーティ・ダンシング」評価・パトリック・スウェイジのカッコイイダンスは見ものです…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

ダーティ・ダンシング パトリック・スウェイジのカッコイイダンスは見ものです ジェニファー・グレイ演じる愛称ベイビーこと、フランシスは夏休みを利用して、リゾート地を訪れます。そこで、パトリック・スウェイジ演じる、ダンス・インストラクターのジョ…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「美女と野獣」評価・ベルの優しさ、そしてストーリーと絵の美しさは絶品です…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

美女と野獣 ー ベルの優しさ、そしてストーリーと絵の美しさは絶品です ディズニーの名作、美女と野獣は最初観た瞬間から、大好きになりました。最初は子供のために借りてきたDVDがきっかけでした。まだ言葉もよく話せない年だったのですが、この映画を観て…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「十二人の怒れる男」評価・12人の陪審員たちの中、1人だけが無罪を主張し、覆していく法廷サスペンス…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

十二人の怒れる男。主演のヘンリー・フォンダ。法廷サスペンス。 観劇が好きな方にお勧めしたい作品です。 舞台は裁判所。12人の陪審員たちの中、1人だけが無罪を主張し、覆していく法廷サスペンス。 ミステリー好きには堪らない作品ですが、しかし、演劇を…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「ペーパー・ムーン:オニールの親子が主演」評価・詐欺師であるモーゼが、アディという女の子を親戚の家までいやいや送り届けることに…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

ライアン・オニール、テイタム・オニールの親子が主演の「ペーパー・ムーン」は子どもでも感動できます。 「ペーパー・ムーン」は、実際の親子であるオニール親子が、まるで本当の親子のように旅をする物語です。 詐欺師であるモーゼが、アディという女の子…

おすすめ邦画・映画感想レビュー「百万円と苦虫女(蒼井優主演)」評価・鈴子が、思わぬ事件をきっかけに、一人知らない土地を転々としながら生きる姿を描いた作品…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

百万円と苦虫女(蒼井優主演)は切なくて共感できます。 邦画好きとして、絶対おすすめなのが蒼井優主演の「百万円と苦虫女」です。 蒼井優演じる鈴子が、思わぬ事件をきっかけに、一人知らない土地を転々としながら生きる姿を描いた作品です。 やはり、みどこ…

おすすめ邦画・映画感想レビュー「銀河鉄道の夜(監督:杉井ギサブロー)」評価・在でも多くのファンがいる屈指の名作です…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

銀河鉄道の夜(監督:杉井ギサブロー) 30年経った今でも輝き続ける名作。 宮沢賢治原作「銀河鉄道の夜」のアニメーションです。 今から30年ほど前に作られたこの映画は、現在でも多くのファンがいる屈指の名作です。 現在、アニメーションはCG技術の向上…

おすすめ邦画・映画感想レビュー「千と千尋の神隠し(宮崎駿監督)」評価・千尋という一人の女の子が成長していく様が見所です…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

千と千尋の神隠し(宮崎駿監督)千尋という一人の女の子が成長していく様が見所です。 千尋は両親の都合で嫌々、転校させられてしまう事になります。 その引っ越し当日に道を間違えてしまった父のせいで、異次元の世界へと紛れ込んでしまう羽目になってしま…

おすすめ邦画・映画感想レビュー「花とアリス(岩井俊二監督)」評価・蒼井優と鈴木杏のダブル主演という豪華なキャスティングに…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

花とアリス(岩井俊二監督)が、とても好きです。 花とアリスは、蒼井優と鈴木杏のダブル主演という豪華なキャスティングになっています。しかし脚本が豪華な訳ではなく、普通の女子高校生二人組の日常と、そのなかで起こる事件を描いています。 鈴木杏演じる…

おすすめ邦画・映画感想レビュー「魔女の宅急便:宮崎駿」評価・家族でも見られる記憶に残る名作です…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

魔女の宅急便ー宮崎駿 家族でも見られる記憶に残る名作です 魔女の宅急便は、どの年代にも楽しんでもらえて、ずっと記憶にも残る素晴らしい映画だと思います。まずはストーリーもさることながら、描かれている風景に目を奪われます。壮大な海や街並みは、ま…

映画感想レビュー「横道世之介」評価・監督は「南極料理人」等の沖田修一、出演は高良健吾、吉高由里子、綾野剛、池松荘亮、井浦新などです…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

「横道世之介」は、ほんのり胸が暖かくなる映画です。 「横道世之介」は2013年公開の映画です。監督は「南極料理人」等の沖田修一、出演は高良健吾、吉高由里子、綾野剛、池松荘亮、井浦新などです。 高良健吾演じる主人公の世之介は1987年の大学生で、九州…

ネタバレ注意・映画感想レビュー「天空の蜂」評価・大手重工で新開発されたヘリがお披露目の初飛行を前に何者かに遠隔操作で乗っ取られてしまう…。 #MOVIE

久しぶりに面白いと思えた邦画天空の蜂 天空の蜂を映画館で鑑賞しました。原作をだいぶ前に読んでいたのでストーリーの大筋は知っていましたがそれでも十分楽しめました。大手重工で新開発されたヘリがお披露目の初飛行を前に何者かに遠隔操作で乗っ取られて…

映画感想レビュー「アンフェア the end」評価・ラマ・映画と続いてきた作品も今回で完結編ということで、いったいどういった結末が待っているのか…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

アンフェア the end これで終わり? テレビドラマから観ており、映画館に足を運びました。 冒頭の篠原涼子さんの後ろ姿、封切前から話題になっていましたが、とてもステキでした。 ドラマ・映画と続いてきた作品も今回で完結編ということで、いったいどうい…

映画感想レビュー「ベイマックス」評価・舞台となっている町や主人公の少年兄弟の名前も日本をモデルとしているようで、日本人ウケを考えてつくっていた事が想像出来ます…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

ベイマックスがとても素晴らしかった ディズニーのアニメ映画はキャラクターの造形に馴染めず、今まで敬遠していましたがこの作品を観て価値観が変わりました。 タイトルにもなっているベイマックスのデザインが可愛いのです。 プニプニとした丸みのあるフォ…

映画感想レビュー「実写版:寄生獣」評価・宇田さんもジョーも映画ではカットされており、なぜ人気の高い重要なキャラを外したのかが理解できません…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

もう少し作りこんで欲しかった作品「寄生獣」 二部作としてつくられた前半部分の映画「寄生獣」を見ましたが、原作のファンとしてはもう少し頑張ってほしかったという印象でした。 ミギーのCGはなかなか凝った作りをしていて、実際に存在していたらこんな…

映画感想レビュー「永遠の0」評価・凄腕の航空隊だったにもかかわらず、戦時中は戦友から卑怯者と呼ばれるほど交戦を避けていました…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

永遠の0 だんだんと引き込まれる 戦争の話ということは知っていました。大ヒット作で当時大変話題になったことも知っていたのですが、観る機会がないままになってしまっていました。

映画感想レビュー「ジュラシック・ワールド3D」評価・迫力がとんでもなかったです。絶対劇場で3Dで観た方がいいです…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

映画館でジュラシック・ワールド観たら迫力満点だった! 3Dで観てきました。「ジュラシック・パーク」より恐竜がとってもリアルで、しかも3Dなので迫力がとんでもなかったです。絶対劇場で3Dで観た方がいいです。目の前に飛び出してくるのが緊迫感があって良…

インサイド・ヘッド・映画感想レビュー・テーマが最高だと思いました。こんな映画は今までなかったのではないでしょうか…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

「インサイド・ヘッド」悲しみがあなたを癒す。 まず、「インサイド・ヘッド」のテーマが最高だと思いました。こんな映画は今までなかったのではないでしょうか。 こういうことに着目し、実際に映画にしてしまうピクサーは本当にすごいと思いました。 喜び、…

脳男/映画感想・評価&あらすじ・主人公「たけきみ」の悲しい生い立ちと、生田くんの綺麗な悲しい無表情が…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

生田斗真くんの綺麗な殺人ロボット 生田斗真くん主演の「脳男」を見ました。テレビのコマーシャルで見たときから気になっていたのですがなかなか見ることができませんでした。でもその間に原作を読むことはしました。映画を見るとやはり実写化にあたっての多…