読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



集団的自衛権に7割賛成意見・行使容認は同盟国との絆を硬いものにする為の自国を守る為のもの。

みんなの意見

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

集団的自衛権についての個人的な意見

安倍総理が集団的自衛権について図解的に説明、理解を求める会見を少しだけですが見ました。
その頃テレビのニュースなどで集団的自衛権がどのようなことなのかを解説していたので完璧とは言えませんが少しは理解したと思ってます。
様は友人(アメリカなどの同盟国)が喧嘩を売られたら自分が売られた喧嘩のようにやり返すって事でしょ?(表現が間違ってたらごめんなさい)

私個人としては、7割賛成です。

勿論、私も平和主義です。争いは無いに越した事はない。
でも人種や宗教の違いからどうしても意見が対立する事がある。
それが紛争や戦争に発展してしまう。
今もこの世界中のどこかで争いがあるのが現実です。
対岸の火事の火の粉がいつ飛んでくるか。
その時に友人がやられてるのに知らんぷりと言うのは。

が、しかし、私はもっと別の所に真意があるんじゃないかって思ってます。
簡単に言えば日本が同盟国と言う輪からはみ出さない為のアイテムなんじゃないかなぁと私は思っています。
日本は弱い国です。いざと言う時に自分で自国を守れるかどうか微妙です。
集団的自衛権の行使容認は同盟国との絆を硬いものにする為の自国を守る為のもの。
容認することそのものに意味があるんじゃないかなと私は解釈してます。

あくまでも私個人の意見です。みなさんはどうお思いですか?