読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



同盟国が攻撃されても知らんぷりでは、日本の自衛隊は信用を失うし…集団的自衛権に賛成意見(するしかないのでは…と言う心境)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

集団的自衛権についての私の認識

今、政治に関する話題で一番熱いのは、集団的自衛権でしょう。
反対か賛成か…考えは人それぞれで、どちらの意見も間違っているとは言い切れません。
当の私はと言うと、賛成するしかないのでは…と言う心境です。
今まで同盟国と共に紛争地域での救援活動を行っていた日本の自衛隊は、同盟国が攻撃されても指をくわえて見ている事しかできませんでした。

集団的自衛権は、同盟国が攻撃を受けた場合でも、自衛の範囲で武力を行使できるようにしようと言うものです。
自衛の為とは言え、武力行使などすると戦争に巻き込まれるのではないかと言う心配があります。
かと言って、今まで通り同盟国が攻撃されても知らんぷりでは、日本の自衛隊は信用を失うし、そんな状況は敵国に付け入るスキを与え、戦争をしかけられる可能性があります。
これは予想なので、はずれるかもしれませんが、どちらにしても戦争に巻き込まれる可能性はゼロではないと思うのです。
ただ、同盟国は日本が攻撃された時、武力行使をして助けてくれるのに、日本は同盟国を助けないなんてどう考えても不公平です。
集団的自衛権には、もっと複雑な問題もあるのかもしれませんが、今の私の認識はこんな感じです。
日本にとって厳しい覚悟のいる事とは思いますが、同盟国との関係を考えると決定するしかないのではと思うのです。