読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



少額短期保険募集人・資格試験と合格した勉強法やアドバイス(受験料が4,000円、公式テキストが350円)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

最初の一歩としての資格!(少額短期保険募集人)

2013年に少額短期保険募集人の資格を取得しました。
難易度はさほど高くなく、正直なところを言えば3日も勉強すれば取れてしまうと思います。
しかしながらこの資格を持っていないと、保険業界の方はもちろんのこと、旅行業界の方は旅行用保険、不動産業界の方は火災保険をそれぞれ自分で取り扱うことができないので、必須の資格とも言えます。

問題はすべて択一式です。試験自体は毎日実施しているので、都合の良い日に受験できるのも魅力です。また金額的にも、受験料が¥4,000、公式テキストが¥350と、比較的気軽にチャレンジできると思います。
この試験問題は専門知識がさほど多くないので、私はとにかく過去問を解いてみて、間違ったところだけテキストを確認する方法で勉強しました。合計でだいたい4回ほど過去問を解き、テキストは2/3ほど読んだかと思います。
過去問は日本少額短期保険教会のHPに載っていますので、そちらを参考しました。

◎まとめ◎
今回の概要は以下のとおりです。
◼︎参考書:1冊(公式テキスト)
◼︎勉強期間:2日間
◼︎1日あたりの勉強時間:2時間ほど

この資格の魅力は何と言っても気軽に受けられることだと思います。
すでにお仕事で必要とされている方ももちろん、今後もしかしたら必要になるかもという可能性があるのならば、まずは軽い気持ちでチャレンジされてはいかがでしょうか。