読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



水道代は食器洗い、洗面所、シャワーを浴びるとき、蛇口を全開にせず加減他/光熱費の節約日記(ちょっとしたこと)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

ちょっとしたことで光熱費をカットする方法

光熱費は毎月絶対にかかる費用ではありますが、一番無駄が多く、節約しやすいところです。簡単なことで、少しづつですが節約できます。まず、水道代は食器洗い、洗面所、シャワーを浴びるとき、蛇口を全開にせず加減すること、こまめに止めながら使用すること、それだけでもかなりの節約になります。シャワーに関してはヘッドの部分を節水タイプのものに変えるのもいいです。全て王道ですが、お風呂の湯は洗濯に使い、トイレは小さい方で流すなどちょっとした気遣いが大事です。

次に電気代です。使わない場所のブレーカーは落としておきます。また、スイッチ付きの延長コードで使わないときの待機電力をカットできます。待機電力をカットするだけでも、年単位で見ると、かなりの節約になります。日中は無駄に電気をつけないようにする、そのために日当たりのいい部屋を選ぶのも節約に繋がります。冷蔵庫の設定温度を季節によって変える、エアコンをできる限り使わないように扇風機を使うなども効果的です。また、エアコンは新しいもののほうが省エネなので長い目で見るとお得になります。古いエアコンはたくさん電気を消費します。
ガス代は、特に冬場が高くなると思います。まず、お風呂は追い炊きがガスを多く消費します。お湯が冷めた時は熱湯を足すなど、追い炊きだけで温度を上げるのは避けたほうがいいです。ガスコンロも長時間の使用を避けるため、電子レンジなどを上手く併用するといいです。
チリも積もればで、ちょっとしたことで光熱費を減らすことができます。月々のカット分は少しかもしれませんが、1年なら万単位にもなります。光熱費の請求がちょっと楽しみになりますよ。