読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



日本は認めちゃいけない…集団的自衛権行使容認関する反対意見(平和に徹する生き方を、良しとしてきた)。 #政治


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

集団的自衛権容認 日本は認めちゃいけない

 賛否両論あるのはわかります。日本が大平洋戦争以後70年にわたり、守ってきたものが、動くわけですから、当然かと思います。

 戦後、戦争放棄、戦力の不保持、西側陣営のなかに組み込まれた敗戦国は、米国進駐GHQによって、何故日本・及び国民が、大平洋戦争当時のごとく、一途に、国策に殉じ、暴走の悲惨に飛び込むに至ったかを、徹底的に検証され、再教育され、平和主義を植え付けられたのだと認識します。
もう、あんな思いは嫌だと、潜在的に強く感じていた国民は、若干の軌道修正はあれど、平和に徹する生き方を、良しとしてきた。日本民族とは、すいません、表現が曖昧ですが、穏やかで実直なのです。

だから、きっときっと正しい方針を、占領軍が打ち出してくれたら、有り難いと心から思ったのです。

安全保障体制、自衛隊、非核三原則、後方支援、時代の進行の中で、岐路は幾度かあった。ただ、日本人が銃を撃つことは、認めてこなかった。

今回の案件は、認めてしまう。と感じます。
国民に意志がないわけではないです。でも、この国のみんなは、穏やかで実直な本当に好い人なのだと思います。だから、銃を撃つことを認めてはいけない。撃ってはいけない、で通しきるべきだった。
そうかんじるのです。