読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



稼げる「交通量調査」アルバイト体験談・24時間測定などが普通で、一晩中測定を行います。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

意外と割が良い、交通量調査のアルバイト

 私が割が良いと思い、学生時代によく行っていたアルバイトは交通量調査です。

このバイトは、その名の通り数をカウントするのが仕事です。その対象は車であったり、人であったり、さらに渋滞の長さを測る作業をする時もあります。

寒い中交差点付近で座り込んで数を数えている姿を見て、どこが割が良いのだろうと思う方が多いと思いますが、割がいいポイントはいくつかあります。

まず、電話一本でアルバイトが決まることが多い点です。ですから、電話は非常に込み合いますが、面倒な面接等もなく、説明会はあるものの、その前に決まっているので、気は楽です。

また、まとまった時間で測定を行うのでまとまったお金が入ってくる点です。24時間測定などが普通で、一晩中測定を行います。確かに時間としては長すぎますが、例えば1か所を二人で回す場合、24時間の半分の12時間休憩を取ることが出来ます。さらに夜中などは交代を2時間毎などにすれば少し仮眠をとることもできます。この休憩が多いのも、おいしいポイントの一つです。

また、稀ですが、ほとんど人が通らない場所を担当になったりすることがあります。朝田んぼに出かけたおじいさんが、夕方帰っていくという、これで人の通過は2回で、それで終わりです。
これは、ほんとに稀ですが、こうゆう楽なのも、時にはあります。

以上の事から、私は交通量調査を美味しいバイトと考えます。