読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



七つの大罪24話「英雄たち」アニメ感想&あらすじ・魔族化したヘンドリクセンとの最終決戦です…ネタバレ注意。 #ANIME


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

七つの大罪24話「英雄たち」

アニメの簡単なあらすじ。

魔族化したヘンドリクセンとの最終決戦です。前回でまさかのホーク死亡により、エリザベスは女神族として覚醒を遂げた。エリザベスは傷ついた仲間を回復させるのですが、命を失った仲間ホークを生き返らせることはできず、仲間たちは悲しむのでした。

面白かったところ、好きだったところなど。

ホークがちっさくなって復活した時は嬉しかった。叶うならあのミニホークを飼いたくてしかたない。ディアンヌがキングをお祭りに誘った。よかったね、キング。

好きなキャラクターや注目した登場人物、出演者(声優さん)に関して。

メリオダス役の梶さんの演技力を見せつけられた回だった。放送前は原作ファンの友人から「また梶だよ」とうんざりした発言を耳にしたが、メインの役ばかり勝ち取るだけの力が彼にはあるんだと思う。

一番好きだったシーンに関して。

ヘンドリクセンを倒し、ホークの死をメリオダスやヴァンが悲しんでいたシーンがとてもお気に入りです。メリオダスが飯をいっぱい食わせてやるから起きろよというと、黒焦げになったホークの体が光輝き、ミニホークが出てきたところはあまりの可愛さに悶絶してしまいました。