読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



おすすめ洋画・映画感想レビュー「ペーパー・ムーン:オニールの親子が主演」評価・詐欺師であるモーゼが、アディという女の子を親戚の家までいやいや送り届けることに…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

映画感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

ライアン・オニール、テイタム・オニールの親子が主演の「ペーパー・ムーン」は子どもでも感動できます。

「ペーパー・ムーン」は、実際の親子であるオニール親子が、まるで本当の親子のように旅をする物語です。
詐欺師であるモーゼが、アディという女の子を親戚の家までいやいや送り届けることになることから物語は始まります。
しかし、アディが実はとても頭の良い女の子で、一緒に詐欺をしながら親戚の家まで行くことになります。
しかしその旅の中で、どんどん二人の距離は縮まっていきます。
最終的には親戚の家に着くのですが…。
最初から最後まで笑いあり涙ありの物語です。
最後は感動で涙がぽろぽろとでてきます。
私はこの映画を子どもの時にみて、それでも感動しました。
家族っていいな、と思った映画でした。
この映画の良さは、モノクロだからこそでているのだと思います。
モノクロのロードムービーで、親子のような二人が主演で…となると、感動もの間違いありません。
感動もしたいけどたくさん笑いたい…という人には本当におすすめの映画です。
是非親子でみてほしいです。

ありがとう寄稿。

理由は、いくつかありますが、「エネルギー変換効率」、「原発のある地域」の3つが特に大きい。

原発の使用には反対ですが、今現在の即時中止にはもっと反対です/原子力発電ブログ世論調査(中庸派)。 - みんなの政治経済ブログ。

原作を読んでから入ったので、第一作では物足りない感じがあったのですが、テレビドラマでほぼ全部のエピソードが描かれ、満足でした。

おすすめ邦画・映画感想レビュー「まほろ駅前狂想曲(三浦しをん原作)」評価・原作のエピソードを、深夜枠のテレビドラマで放送していました…(ネタバレ注意)。 #MOVIE - みんなの政治経済ブログ。