読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



感想・書評「人びとの旅路:内海隆一郎」ネタバレ注意・短編集、現代の疲れきった生活を癒すサプリのようなお話(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

人びとの旅路 内海隆一郎 現代の疲れきった生活を癒すサプリのようなお話

疲れた毎日を、きゅっと引き締め、また明日からも頑張ろっかな、と思わせてくれる短編集です。
何気ない日常の中にある、人びとの心の葛藤や悩み、喜び、そういったものが表現されています。登場人物は短編各話ごとにことなり、短い物語の中でそれぞれ「◯◯さん」として登場します。
ワクワクするエンタメ小説、スリリングなミステリー小説、刺激的なホラー小説など、世の中には沢山の物語がありますが、こちらの小説にはそういったワクワクドキドキ、びっくりするようなどんでん返しはありません。
あるのは、常に現実を生きる人のリアルな生活です。とても当たり前のことが起こります。「ここでこうなってほしいのに…」というのも、叶わないことが多いです。
だからこそ、人びとの気持ちや葛藤、心境がとても純粋に心に入ってきます。現実世界を生きる平凡な人びとが主人公です。そこには特殊な能力も、誰もが目を引く見た目もありません。
ごく普通の、街を歩いていてすれ違う人や、もしかしたら自分かもしれない。そのようなごく普通の人びとが、日常生活の中で少しだけ頑張ったり、日々を生きる人間ドラマです。
特殊能力はないし、うまくいかない事も多い、平凡で普通だけれどそれぞれの人生を背負っている人びとが生きてゆく様を見ていると、同じく平凡だけど悩みも尽きない自分も、ふっと笑顔になり明日からも頑張ろうと自然に思えてくる作品です。
内海隆一郎さんは、この他にも「人びと」シリーズを執筆なさっております。毎日につかれた時、ふっと心の休まるサプリになること間違いなしです。

ありがとう寄稿。

今年のFNS歌謡祭は2日間あるということで、今回は12月2日に放送された第1弾についてです。

FNS歌謡祭2015/感想!AAAのにっしーこと西島隆弘さんが秦基博さんとWaTの2人の4人で…(ネタバレ注意)。 #TV - ナカノちゃんねる

8月6日に開幕した甲子園を観戦する前に、これまでの甲子園での名シーンなどを紹介してました。

伝令の選手が代打出場し、ヒットを打った時、お客さんは彼の伝令での活躍を知っているので…アメトーークSP高校野球大好き芸人7月18日/感想(ネタバレ注意)。 #TV - みんなの政治経済ブログ。