読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



感想・書評「クラッシュ・ブレイズ 逆転のクレヴァス:茅田砂胡」ネタバレ注意・リィ(エドワード・ヴィッキー・ヴァレンタイン)がヴィッキー・ヴォーンと間違えて誘拐されてしまい、シェラ・ルゥ・コール警部の必死の捜索が展開(レビュー)。 #読書

小説感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

クラッシュ・ブレイズ 逆転のクレヴァス 茅田砂胡

クラッシュ・ブレイズシリーズの14巻目に当たる。リィ・シェラ・ルゥの三人を中心として展開していくノベルス。「デルフィニア戦記」や「スカーレット・ウィザード」と違い、何巻目から読んでも楽しむことができる。ただし、登場人物に関しては前作から引き継いで登場するため、各主要人物像を把握するためには、前作を読んでおくとさらに楽しむことができる。

本作では、リィ(エドワード・ヴィッキー・ヴァレンタイン)がヴィッキー・ヴォーンと間違えて誘拐されてしまい、シェラ・ルゥ・コール警部の必死の捜索が展開される。重要人物として、ミック・オコーネルが序盤から登場する。ミックは科学者としては超天才だが生活能力ゼロ、社会一般常識ゼロのミックの研究が発端の誘拐事件は、様々な人を巻き込んで次第に解決へと進んでいく。216ページの小説だが、読み始めから物語にのめり込むことができるため、途中で本を手放すのが惜しくなり、一日もあれば読み終えることができる。

ありがとう寄稿。

事前アンケートに答えるだけで、2ポイント前後(1ポイント1円)獲得することができます。

500ポイントからpexポイントに交換することができます。マクロミルのアンケートでお小遣いを稼いでいます・在宅ワークやお小遣い稼ぎのおすすめサイト。 | 安心の在宅ワーク!稼ぐ人の口コミ・ブログライティング。