読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



おすすめ洋画・映画感想レビュー「アメリカン・グラフィティ」評価・監督はかのジョージ・ルーカス。「スター・ウォーズ」の前の作品です…(ネタバレ注意)。 #MOVIE


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

青春の切なさ、まぶしさがある「アメリカン・グラフィティ」

「アメリカン・グラフィテイ」は1974年公開のアメリカ映画です。監督はかのジョージ・ルーカス。「スター・ウォーズ」の前の作品です。製作者にはあのフランシス・フォード・コッポラが名を連ねています。舞台は1962年のアメリカの小さな田舎の町。登場するのは高校を卒業し、それぞれ旅立ちの時を迎えた高校生たち。

彼らのある夜の出来事を描いています。町中車を流して女の子をハントしようとしたり、名も知らない憧れの女性にむけてラジオDJにメッセージを頼んだり、遠くの大学に進学が決まって離れ離れにな二人などなど。小さなエピソードが全編に流れるオールディーズ・ヒッツのナンバーとともに青春の甘さ、ほろ苦さが心にしみてきます。公開当時に中学生だった私にとってこの映画は驚き、憧れ、まぶしく感じたものです。まだアメリカがベトナム戦争に突入する前の良き時代ノスタルジックに描いていて、その後のアメリカを思うと少し考えてしまいます。とはいえキラキラして切なくてやるせないような青春がここにあります。若かりし日のハリソン・フォードも出ていますよ。

ありがとう寄稿。

まず最初に、世間の趣味高感度ランキングで毎年上位に「株式投資」がランクインしています。これは「頭がいい」や「上品」というイメージから好感されているそうです。

おすすめ株式銘柄・サマンサタバサジャパンリミテッド/7829(毎年株主向けに販売会が開かれています)。 - みんなの政治経済ブログ。