読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



感想・書評「豊臣秀長 ある補佐役の生涯:堺屋太一」ネタバレ注意・ストーリーとしては、木下藤吉郎のちの太閤豊臣秀吉に侍になろうと農家の小一郎が誘われることからスタート(レビュー)。 #読書

読書感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

『豊臣秀長 ある補佐役の生涯』 著者 堺屋太一

私の価値観を変えられました。先週4月22日にBOOK○○で購入しました。上巻・下巻とありましたが、わずか1日で読み切ってしまい、いつもは、次はなにを読もうかなと思う私がもう一度読み返しています。何しろ細かいことを書くとネタバレになってしまうので、大まかな概要で進めます。
ストーリーとしては、木下藤吉郎のちの太閤豊臣秀吉に侍になろうと農家の小一郎が誘われることからスタートします。その後、表舞台に立てない裏方としての人生を歩むですが彼にしかできない仕事を生み出したり・表にあえて立たないとの考え(多少の脚色はあると思いますが)によって秀吉の出世を支えていきます。
もっとも、価値観を変えてくれる点は、その人柄と考え方です。中間管理職でも中小企業のナンバー2、3ぐらい、大企業の部長クラスに読んで学んでいただきたいと思います。人生を華やかにするのではなく、自分の信じた人をどのように支えていくのかを考えた偉人です。
是非、一度読んでみてください。

ありがとう寄稿。

クロカンの作戦によって先制点をゲット出来た鷲ノ森ナインでもあるのです。しかし相手も諦めない気持ちにもかなり共感出来る内容にもなってくるものです。

クロカン11巻第6話「一か八かの作戦」(三田紀房)感想&あらすじ・先制点をゲット出来た鷲ノ森ナインでもあるのです…ネタバレ注意。 #マンガ - 面白い漫画を教えてください。