読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



感想レビュー「明日の記憶」渡辺謙が出演、若年性アルツハイマー病という変わったテーマ・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「明日の記憶」の夫婦愛とこのご時世

私が渡辺謙が出演している映画の中で何か面白い映画は無いかと検索していたところ、若年性アルツハイマー病という変わったテーマを題材にした映画作品に目が止まり、その解説を読んでいたら何と私と同じ年代の病と夫婦愛に関して書いてあるではないですか。このご時世では考えられない事ではないなと思いましたね。それで、この映画作品を観て何が感動したかな最初は思っていましたが解説どおりの夫婦愛というものに感動しました。

作品の主人公(渡辺謙)は50歳をむかえるサラリーマンで若年性アルツハイマー病になってしまい、その病と戦いながら仕事をしていくもサラリーマンとしての仕事に徐々に支障はきたしていき、普段の生活の記憶も徐々に薄れていってしまう。そんな症状を見て、妻が旦那の事を陰ながら支えていくという事に感動しました。映像の中で印象に残っているシーンは夫婦喧嘩をして妻(樋口可奈子)が灰皿で殴られて頭から血を流す場面が印象に残っています。このご時世には考えられない夫婦愛にもの凄く感動して観てしまいました。「明日の記憶」はそんなに薄れてはいませが、私も50代となる身なので、この様な夫婦愛になれたら良いなとつくづく思う次第です。

ありがとう寄稿。

4話からの完結編でした。4話で殺害された永沢刑事が、元警官の父親が調べていた事件を継続して調べていたために殺されたことが判明する。

刑事7人第5話:4話からの完結編/テレビ感想&あらすじネタバレ注意・害された永沢刑事が、元警官の父親が調べていた事件を継続して。 #TV | みんなのレシピ・お料理ブログ。