読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



感想・書評「コインロッカーベイビーズ:村上龍」ネタバレ注意・キクとハシがまるで双子のようにいつも一緒で仲良く助けられながら育ち(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

コインロッカーベイビーズ 村上龍 コインロッカーで生まれた2人の物語

この本を読み終わった時になぜか長年胸につっかえていたものが軽くなったような気がしました。けして明るい話ではなく、むしろ暗くて文章の一つ一つが胸に刺さるような印象をもって読んでいたので不思議でした。コインロッカーで生まれたキクとハシがまるで双子のようにいつも一緒で仲良く助けられながら育ち、その後それぞれの人生を歩いていきます。

友情の強さ、絆の深さ、信頼、裏切りなど様々な体験をし様々な種類の人間と出会います。私がこの小説で一番好きなところは登場人物のさりげない台詞から、今までの人生で不思議に思っていたことや疑問だったことが解決していくところです。またどの登場人物も性格や行動に好感がもてるところです。そしてどの登場人物の意見も納得させられます。特に自分の意見を十分に言えない世の中、個性を出すよりもみんなと同じがいいという風潮がある中で、キクとハシがそのような生き方に反して自分の道、自分の意見を貫き通す姿に感動しました。

ありがとう寄稿。

前シーズンまでは渡部篤郎さんが準主役の大次郎役を演じていましたが、山口馬木也さんに代わってより重厚な感じが表現されるようになりました。

評判・人物評「山口馬木也、数少ない時代劇俳優」好きな芸能人。初めて観たのは、フジテレビの時代劇、「剣客商売」でした。 | おすすめ面白い小説用ブログ。