読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



真の被害者って?母性って?感想レビュー「八日目の蝉」おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

八日目の蝉、真の被害者って?母性って?

感動した映画は数あれど、パッと頭にすぐ浮かぶのはやはり『八日目の蝉』。自分の知らないところで起こったことにより、人生を狂わされてしまった女性。自分が起こしたことではあるが、命をかけて愛おしみ守ろうとした女性、ある日突然見舞われた不幸により愛する者を奪われ、またある日突然手元に戻され、愛し方が分からなくなってしまった女性。
誰が被害者なのか、誰が加害者なのか。分からなくなるほど皆んなそれぞれが必死で一生懸命です。
誰もが幸せを求めてもがき苦しんでいるからこそ、胸が痛みます。ただ一人、中途半端な行動を起こした人間を除いては。
自分のお腹を痛めた子どもではありませんが、希和子は薫を人生をかけて愛します。我が子を虐待する親が多くいる中、母性とは血のつながりは関係ないのかな?と考えさせられるほどの強い愛情です。
なにもいらない、娘と一緒にいられたら他には何も。という暖かく優しい表情や穏やかな親子の日々に心を打たれます。
また、その幸せは常に逃亡しつづけなければいけない悲しさと背中合わせであることが更に胸を締め付けられます。
薫と離れ離れになる瞬間に、希和子が口にする言葉。彼女の愛情が見事に現れた一言であり
いつ思い出しても涙が溢れるシーンです。

ありがとう寄稿。

あなたの会社は有給休暇が自由に取得できる環境でしょうか。お盆休みがありましたが長期休暇になりましたでしょうか?有休休暇は使いましたか?私の勤めている会社は有給休暇が全くと言っていい程取得できません。

有給休暇について困っているので書いてみたい:ブログライティング・ブログに書きたいこと・テーマ。 | おすすめ面白い小説用ブログ。

本屋で、爆笑問題の太田さんの本「ヒレハレ草」を立ち読みしていたら、おもしろすぎて笑いを堪えられず、別の棚に移動した後も、思い出して声を出して笑ってしまった。

評判・人物評「爆笑問題の、底がしれないところが好き!」好きな芸能人。太田さんの本「ヒレハレ草」を立ち読みしていたら、おもしろすぎて笑いを堪えられず、別の棚に移動。 - ジャンプ部屋ブログ