読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



感想・書評「好転力:吉瀬美智子」ネタバレ注意・スタイル抜群、クールな美しさ、ドラマでの活躍、幸せな結婚と出産、すべてが順風満帆だと思っていましたが(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

好転力 吉瀬美智子:美人女優の素顔について

地元出身で、こんなに美しい女優さんが活躍しているなんて。ドラマやCMで吉瀬さんをお見かけするたび、誇らしく思っていました。もっと彼女のことを知りたくて、この本を購入しました。
スタイル抜群、クールな美しさ、ドラマでの活躍、幸せな結婚と出産、すべてが順風満帆だと思っていましたが、そうではない部分もあったようです。売れない時期が長く続いたこと、なかなか子供が授からなかったことなど、赤裸々に綴られています。
吉瀬さんを最初に見たのは「Domani」という女性雑誌のビューティーコーナーでした。彼女は最初に美容モデルとして出発したのです。その頃から明石家さんまさんの「踊るさんま御殿」に出たりしていましたが、そのときもにこやかにほほ笑む程度で、あまり印象がありませんでした。そのころ女優として生きていくか、葛藤して生きていたことを知り、美しい人ほどほほ笑みながらそういうくらい部分をおくびにも見せないものなのだと思いました。
吉瀬さんの魅力はどんなことも、幸せに変えていく力があるところだと思います。それは、この書籍からも画面からも伝わってきます。生きる上で、辛い、悲しい、そんな思いはつきものです。それを真摯に受け止め、どうやって好転させていくのか、そんなヒントがページのあちこちにちりばめられています。

ありがとう寄稿。

豊臣秀吉亡き後、五大老五奉行による合議制が秀吉の遺言だったにもかかわらず、五大老筆頭の大名である徳川家康は、自らの力を誇示して、合議制の遺訓を破り、自分勝手な政を行う様になる。

真田丸「犬伏」テレビ感想&あらすじネタバレ注意・五大老筆頭の大名である徳川家康は、自らの力を誇示して、合議制の遺訓を破り、自分勝手な政を行う様に。 #TV | みんなのレシピ・お料理ブログ。