読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



感想レビュー「秒速5センチメートル」桜花抄、コスモナウトの三部構成となっている作品・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

秒速5センチメートル~ストーリーと曲がマッチしていて、じんわりと涙が出てくる作品です

この作品は桜花抄、コスモナウト、秒速5センチメートルの三部構成となっている作品です。
秒速5センチメートルそれは、桜の花びらが落ちる速度…。
桜花抄編。
幼き日の主人公遠野貴樹は都内の小学校に通っている、そこでヒロインである篠原明里と出会う。「他人にはわからない特別なな思い」を持つ2人は自然と仲良くなっていく。しかし、小学校卒業と共に明里は栃木へと引っ越してしまう。それ以来高樹は、明里と合うことは無かった。中1の夏のある日、突然明里から手紙が届いた。それをきっかけに2人は文通をするようになる。しかしその年の冬、高樹は鹿児島へと親の転勤で引っ越さなくてはならなくなってしまう。自分が鹿児島へと行ってしまったら、「もう二度と明里に会えなくなってしまうかもしれない」と思った高樹は明里の元へ行くことを決める。しかし約束の日、関東では大雪となった。当初の予定よりだいぶ遅れて着いた高樹、「もう、彼女はいないかもしれない」と思いながらも約束のホームへと降り立つ。明里は約束のホームで高樹の到着を待っていた。2人は再開と別れの1日を過ごした。
コスモナウト編。
種子島に住む高3の澄田花苗は中2の春に転校してきた高樹に恋をしていた。花苗は高樹に思いを伝えることも出来ず、自分の進路も決めることが出来ず悩んでいた。そんな時、高樹が東京の大学へ行くことを知り高樹に告白をすることを決めた。
秒速5センチメートル編。
高樹は東京で就職し何の衝動に駆られているのかもわからず、ただがむしゃらに仕事に追われる日々を送っていた。そんなある日、3年付き合った女性から「1000回メールしても、心は1センチぐらいしか近づけなかった」と言われ、自分の心が彼女に向いていないことを見透かされてしまう。高樹はどんどんと迷いの道に落ちていってしまう。高樹は心中学の冬以来、心のどこかで自身の唯一の女性である明里を追い続けていたのてある。一方、明里は…。大人になった2人はどのやうな心の変化をとげたのか…。
自問自答を通じて彼らの思いを描いた作品です。
この作品は、誰もが子どもの時に感じていた甘酸っぱい青春、それをどう乗り越えていくかと言うことを描いた作品だと思いました。私の中で高樹は私のように感じられ、彼の気持ちを考えてしまったら涙が出てきました。ですがこの涙には、悲しみだけどはなくこれからの人生への決意、のようなものも含まれているのではないかと思えました。

ありがとう寄稿。

宮脇氏は日本で本来あるべき森はもはやほとんど残っておらず、人の手を借りなければ維持できない森ばかりになってしまい、本来の森の力(耐火性・耐震性・防波力など)が失われていると説きます。

感想・書評「森の力:宮脇昭」ネタバレ注意・世界各国に4000万本もの植林を成功させ、その土地本来の森を造る(レビュー)。 #読書 - ナカノ実験室