読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



湊かなえサスペンス【望郷】テレビ感想&あらすじネタバレ注意・短編小説3作品をドラマ化したもので、【みかんの花】【海の星】【雲の糸】と3のストーリーに分かれていました。 #TV

テレビドラマ感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

湊かなえサスペンス【望郷】9月28日

小説家の湊かなえさんの短編小説3作品をドラマ化したもので、【みかんの花】【海の星】【雲の糸】と3のストーリーに分かれていました。
私はどれも小説で1度読んだことがあったのでストーリーは覚えていたのですが、どの作品も最後には感動して、泣いてしまいました。

特に1番泣けたのは、濱田岳さん主演の【雲の糸】です。
産まれてすぐの頃に、母親が父親の暴力に耐えられず包丁で殺してしまい、殺人犯の母親を持つことで濱田岳演じる宏高は酷いイジメに合ってしまいます。そんな中でも良い行いをし続ければ必ず空から雲の糸(本当は蜘蛛の糸)が降りてきて、地獄から抜け出せるという話を信じ、糸を掴んでここから上にいってやると奮闘します。
地元を離れた就職先で音楽と出会い、やがてプロとしてデビューするも、母親の過去が世間にバレそうになり、いじめられた過去や近所の人達からの嫌がらせを思い出して幻覚を見てしまい海に落ちてしまいます。
意識不明になったことで全国ニュースになり、世間に母親のこともバレてしまい自暴自棄になるが、それでも応援してくれるファンが沢山いることを知ります。そして母親が父を殺した理由が自分を助ける為だったと初めて知り、これからは堂々と母親の為に胸にも胸を張って生きていくことを誓うというストーリーでした。

私はこれから出産を控えており、主人はそんな暴力をふるう人ではありませんが、自分の子供の命の為に殺人を犯せるか、自分の子供を守る為になんでも出来る母親にれるのか、自分の行いのせいでその後の子供の人生も大きく変えてしまうかもしれない、等多くのことを考えさせられました。
殺人犯と聞くと近寄って欲しくないし、その家族とも関わりたくないと思うのが普通の感覚だと思います。でもその殺人を犯した理由によっては、もしかすると自分の立場でもそうせざるを得ないと思うようなことがあるのかもしれないと思いました。

ありがとう寄稿。

今日は、全国ニュースなどでも話題になっている築地市場についてあらゆる角度から芸能人やジャーナリスト、元市長経験者、現都議会議員など。

バイキング2016年9月27日放送分/テレビ感想&あらすじネタバレ注意・私は大阪市民ですが、東京の一般市民は豊洲、移転先が安全なんだろうか?と心配されている方が多い。 #TV | 安心の在宅ワーク!稼ぐ人の口コミ・ブログライティング。