読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



感想・書評「幼年期の終わり:アーサーcクラーク」ネタバレ注意・オーヴァーロード(最高君主)と呼ばれる異星人は姿を見せることなく人類を統治し、平和をもたらした(レビュー)。 #読書

小説感想 読書感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

幼年期の終わり アーサーcクラーク 感動。

 ある日、巨大な宇宙船が地上に降りてくる。オーヴァーロード(最高君主)と呼ばれる異星人は姿を見せることなく人類を統治し、平和をもたらした。はたして彼らの目的とは?

 海外sfランキングTOP10にかならずランクインしている作品。名前だけ知っていたが、ストーリーはまったく知らず。ブックオフに行く。100円で売ってある。手にとってみることにした。
 まいった。クラークのもつ壮大なアイデア。そしてその表現の美しさ。最初から最後までしっかり科学法則にのっとっている。オチを予想しながら読んだが、うーむ、完敗。
 本書第一の魅力は、オーヴァーロードを人間臭く描いているところだ。ふつう宇宙からの統治者と言えば無機質なものを想像するがオーヴァーロードには表情がある。そこが終盤の感動につながっていく。
 また、本書は三部構成になっており各部に泣きどころ、鳥肌のたちどころがある。贅沢な作品だ。
 オーヴァーロードの真実の姿、地球人の果て、オーヴァーロードの目的…考察どころはたくさん。まちがいなくsf史上最高傑作のひとつ。

ありがとう寄稿。

ブル中野さんが10年間挑戦しても受からなかったゴルフのプロテストは難しいんだなあと思いました。スポーツ選手の選手生命は短く、プロレスの引退時期が25歳が暗黙の了解なんて、引退後のほうが選手生活よりも長いなんて、なんて厳しい世界だと感じました。

ブル中野さんが10年間挑戦しても受からなかったゴルフのプロテストは難しいんだなあと…しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル/テレビ感想2016年&あらすじネタバレ注意。 #TV | アフィリエイト収入で生活したいブログ。