読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



感想・書評「コーヒーが冷めないうちに:川口俊和」ネタバレ注意・過去に戻ることのできる喫茶店が舞台のお話(レビュー)。 #読書

読書感想 小説感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「コーヒーが冷めないうちに」川口俊和:過去を変えられなくても戻りたい過去はありますか。

過去に戻ることのできる喫茶店が舞台のお話しです。タイムスリップを取り扱う小説の多くは、現実を変えたいがために過去に戻るものがほとんどだと思います。

しかしこの喫茶店で過去に戻るためにはたくさんのルールがあり、なかでも他のタイムスリップ小説と異なるのは、過去に戻っても現実を変えることはできないというところです。でも現実が変わらないからといって何も変わらないというわけではありません。この喫茶店で過去に戻った人たちは、過去に戻ったことで確実に未来へと歩み出します。第三話の「姉妹」では、妹を亡くした姉が妹に会いに過去に戻ります。妹に会って話をしたところで妹が死んでしまうという事実は変えられないのですが、妹と会うことでそれまで姉には見えていなかった妹の本心が見えてきます。現実は変えられない厳しさと切なさから思わず涙が出てきてしまいました。短編4話の構成になっていますが、どれも切ないけれど心温まる素敵なお話しです。

ありがとう寄稿。

この映画は、主人公は大学に勤める理学部の教授ですが、温厚な性格と身長が180センチ体重180センチとかなりの巨大な体のせいもあり色々と仕事でミスを起こしてしまう事などから、学部長に毛嫌いされていました。そんな彼には心惹かれる女性がいました。

映画感想レビュー「ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合」評価ネタバレ注意・主人公は大学に勤める理学部の教授ですが、温厚な性格と身長が180センチ体重180センチ。 #MOVIE - みんなの芸能ブログ。