読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



弱気の「魔法動物学者」が主人公。楽しいいたづら好きなビーストが、たくさん出てきます。映画感想レビュー「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」評価ネタバレ注意。 #MOVIE


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」 すごい魔法がたくさんでてきます。

お子様向きかなと思って見に行きましたが、十分大人の鑑賞にも耐えます。というか・・なかなかの感動する話になっています。
ちょっと弱気の「魔法動物学者」が主人公。楽しいいたづら好きなビーストが、たくさん出てきます。
魔法のトランクから逃げ出したビーストを取り戻すのに大騒ぎです。想像もつかないビーストたちがたくさんでてきます。
とても楽しく面白いです。この騒ぎに巻き込まれてしまう「人間」が、とても良い味を出しています。「善良なふつうの人間」が大変な目にあいます。
この騒ぎをどうやって納めていくのでしょうか?目を離せずに見入ってしまいます。ちょっと頼りない主人公に声援を送りながら、楽しませてくれる物語です。
最終的に映画が終わった後に、心に残ったのはこの騒動に巻き込まれてしまった「人間」のことです。
ホッとして、ちょっと切なくて・・見終わった後の気分がとてもよかったです。
「ハリー・ポッターシリーズ」が始まる前の、物語です。