読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



感想・書評「スタンフォードの自分を変える教室:ケリーマクゴニガル」ネタバレ注意・やる力、やらない力、望む力といったようないわゆる意思力というものにスポットを当てて色々と検証(レビュー)。 #読書

読書感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

スタンフォードの自分を変える教室 ケリーマクゴニガル

前から気になっていて今回購入をして読んで見ました。自分を変えるといタイトルがついた本は数多くあり、どれも似たような内容が多かったのですが、この本の著者は視点が独特で人間がそもそも備えている力である、やる力、やらない力、望む力といったようないわゆる意思力というものにスポットを当てて色々と検証した結果を元に記載がしてあって非常に面白く感じました。

誘惑に負けてしまう人間というものを本質的な部分から語っていて、なるほどそうだよなと妙に納得させられてしまう記述も多く自分のこれからの人生の指針として役立つ本だと感じました。内容はダイエットをベースに語っている部分が多くなぜ続かないのか?などが具体的にわかるようになっているのでダイエットを始めようとする人はこの本を一読してから始めるのと読まずに始めるのでは成功の度合いが確実に変わってくるのでは無いかと思います。特にどうにでもなれ、という感情の所は確かにあるあると妙に頷いてしまいました。