読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



感想・書評「極大射程:スティーブン・ハンター」ネタバレ注意・元海兵隊スナイパーの元に、謎の兵器開発会社が仕事の話を持ちかけてきます(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「極大射程」スティーブン・ハンター 伏線の引き方が見事

ベトナム戦争で相棒を失い、故郷に帰って孤独な生活をしていた元海兵隊スナイパーの元に、謎の兵器開発会社が仕事の話を持ちかけてきます。
内容は、様々な環境下で狙撃のシミュレーションを行い、そのデータを取らせてほしいという簡単なもの。
しかし、それは巧妙に仕組まれた罠で、主人公は大統領暗殺未遂の犯人に仕立て上げられてしまいます。
犯罪者の汚名を着せられたまま殺されそうになる主人公でしたが、持ち前のサバイバル術と協力者との連携を武器になんとか窮地を脱し、
事件の真相究明と自分を陥れた者たちへの復讐を開始します。
戦闘シーンの描写が大迫力で、文章なのに映画を見ているような感覚に襲われます。
さらに、物語の中核をなす3人、相棒を失った過去を持つ海兵隊員と、その相棒の妻、そして過去の失態で民間人を誤射してしまったFBI捜査官という暗い過去を持つ人物たちの心情が実によく描かれています。
そして、随所に散りばめられた伏線が、ラストに見事に繋がる様は必読です。