読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



感想・書評「運をつかむ技術:澤田秀雄」ネタバレ注意・18年間も赤字の長崎ハウステンボスをたった1年で黒字営業へ転換した澤田社長(レビュー)。 #読書

読書感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

運をつかむ技術 澤田秀雄 感想:失敗を恐れず前進って勇気がいるけど、成功のキーポイントです。

18年間も赤字の長崎ハウステンボスをたった1年で黒字営業へ転換した澤田社長の「失敗を恐れてもチャレンジしなくなるほうがよっぽど嫌い」という考え方に心を動かされました。
自分自身、失敗を恐れて大きなリスクを負わないビジネスをこれまで選択してきましたが、その事に自分が情けなく思えた。

この本を読んでからは、背中を押された気分で、明日から考え方を変えて、ビジネスに果敢にチャレンジし続けようと、考えを新たにしたいと思いました。
実際、澤田社長は、人生失敗の連続をしてきていますが、今も失敗は変わっていないというから驚きであります。しかし、失敗を繰り返して、得られた教訓や経験値を積み重ねてきてたからこそ大きな成功のピラミッドを組み上げる事が出来た事が良く分かった。
まずは失敗してもチャレンジを繰り返す、得られた事を積み重ねる、これをする為には、失敗を怖がらないことを企業や人が最も重要であると認識するべきである。
澤田社長の真似は直ぐにできるものではないと思うが、小さなチャレンジから実践する価値は大いにあると思います。