読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



開催経費を1600億円と試算…経費の増額が次々と明るみになる東京五輪ですが、コンパクトな五輪はどこに行ったのか?(気になるニュース)


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

経費の増額が次々と明るみになる東京五輪ですが、コンパクトな五輪はどこに行ったのか?

東京五輪の大会組織委員会が都外での開催経費を1600億円と試算していたことが明らかになりました。五輪招致活動が実り、開催が決まった頃の盛り上がりはどこにいったのか、民衆はもう五輪開催についてあきれている方が大半なのではないでしょうか。そもそもの原因は大会組織委員会にあるように思えます。

招致段階での見通しの甘さや都外開催地への経費負担などの責任感の全く感じられない対応など、どれをとってもかなり場当たり的な仕事をしている印象です。しかもそのトップが森元総理という「手堅く」とか「堅実に」などとはもっとも縁遠い方ですから印象的にも良くありません。試算しているということは、すでにこの経費が掛かることは組織委員会としては想定していたことであり、それを小出しにしている印象をぬぐえません。コンパクトな五輪などという事を言わず、五輪を開催するには金銭的にもかなり頑張らないといけませんよと最初から言えばここまで印象は悪くなかったのではないでしょうか。結局いくら経費が増大しても国のメンツもあるので認められると思って仕事をしている組織委員会の姿勢を正さない限りこの状況は変わらないでしょう。組織委員会の刷新を強く望みます。