読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



諏訪湖ハクチョウ飛来数が半減に:一番の原因は、暖冬傾向で積雪が少なく(気になるニュース)


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

諏訪湖ハクチョウ飛来数が半減に

長野県諏訪湖には毎年、ハクチョウが飛来していますが、今季はその数がここ数年で一番少なかったというニュースがありました。
やはり一番の原因は、暖冬傾向で積雪が少なく、長野の諏訪湖まで来ないで、東北地方や新潟県で越冬したハクチョウが多かったことらしいです。
年々暖冬傾向が高まり、諏訪湖も全面結氷している期間が少なくなっています。
諏訪湖はおみ渡りという有名な状態も全く見えなかったらしいです。
諏訪湖といえば、その環境からも寒さが必要な場所なのかと思います。
しかし、ハクチョウの飛来数や結氷のなさを見ると、どんどん諏訪湖の良さがなくなってきているのだなあと感じます。
地元の人からすると非常に寂しい現状なのかなあと思います。