読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



ひよっこ・第18話「美代子の「ごめんね、次郎。お茶入れるから」に反応」【テレビ感想2017年ネタバレ注意】。 #TV


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

連続テレビ小説ひよっこ・第18話

私のアンテナは、まず美代子の「ごめんね、次郎。お茶入れるから」に反応しました。昭和のヒット曲にこのようなタイトルの歌謡曲があったのです。この曲のヒットで「ごめんね、じろー」はちょっとした流行語になっていました。

調べてみると奥村チヨの「ごめんネ・・・ジロー」が発売されたのが、1965年10月。東京オリンピックは前年の1964年ですから、この当時この流行語はまだ影も形もなかったことになります。ですから、今日の美代子はギャグを言っているつもりはなかったのですね。次郎も特に反応しませんでしたし。若いスタッフ達も気づかず当時を知る視聴者だけが笑ったという、ひとつの世代間ギャップですね。ちなみに、次郎が替え歌で歌っていた「幸せなら手をたたこう」はこの年の5月に坂本九が歌ったヒット曲です。