読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



日本が汚染されていても、世界全体の資源保全を考えなくてはいけませんか?原子力発電ブログ世論調査(反対派)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

なぜ、原発が必要なのでしょうか?原発反対の視点より

大きな声で原発反対です。今すぐ脱原発にシフトしてほしいです。
今現在、国内で原発は稼働していますか?しなくても日本では生活に問題がありません。
それなのに、なぜ原発が必要なのでしょうか?

火力発電では、電気代が上がるからでしょうか?資源保全のためでしょうか?

今現在、この四月から電気代が大幅に上がることは、周知の事実です。
国民は、納得がいかないにせよ、電気代を支払うでしょう。電気代が上がりすぎても、ライフラインという視点から、国民による支払拒否は怒らないように思います。
電力会社もそのことをわかって、電気料金の値上げを実施しているように思います。
でしたら、電気代が上がることを理由に原子力発電は必要ないと思います。
ましてや、事故処理による電気料金の値上げのほうが、大きいですから。

資源保全のために、火力発電ではいけませんか?
では、今現在の福島県の環境の状況について考えてみましょう。
福島県の資源を全く活用できていない状況です。
事故を起こせば、そのような土地が、日本各地に出てきます。
日本が汚染されていても、世界全体の資源保全を考えなくてはいけませんか?

そうはいっても、資源保全は必要であると考えるなら、どのように対策をすればいいでしょうか?

今現在、国内外では新しい発電技術がどんどん開発されています。
原発を維持管理する費用の一部をそちらに回せば、実用可能な発電技術を見いだせないでしょうか?

未来の子供に汚染した国土を残すよりも、少しでもクリーンな技術を開発・支援することも大人の役目だと思います。