読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



原発そのものが危険というわけではない。原発を停止することが日本の経済や技術の発展につながるのだろうか。/ブログ世論調査(賛成派)。

原発賛成派の意見

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

原子力発電に賛成である

現在の日本の世論の多くは、原発反対。という意見ばかりだが、それは東日本大震災が原発事故への起因となっており、原発そのものが危険というわけではない。これを理解していない人が多くいることも事実である。

実際に現在では政治家たちも原発反対への運動をつよめて、数年以内に原発の停止が命じられたり、日本から原発が消える可能性だって多くある。それが本当に日本に国益をもたらすのかどうかということが問題になってくる。確かに原発がないほうが安全で、安心して暮らすことができ、地域による不平等がなくなるだろう。しかし、日本国全で考えたときに果たして、電力供給の大きな源となっていた原発を停止することが日本の経済や技術の発展につながるのだろうか。長い目で見たときには必ず原発を停止させたり廃止させなくてよかった。そう思える日が必ず来ると信じている。いつ電力や燃料がなくなってもおかしくないこの時代、原発は電力確保の上必須だと考える。これからの問題は、どうすれば安全に原発を稼働させることができて、未使用燃料をどうすれば安全に処理できるかということだ。原発をやめる、やめないの問題ではないのだ。