読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



洗濯機の洗いにかける設定時間を短くする/水道代と光熱費の節約術(時間を一番短い3分に設定)


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

全部を洗濯機任せにしない節約術

節約を考えると洗濯は手洗いの方がお得感がありますが、ただ、水を含むと重いズボンや大きなスーツ、山になった洗濯物を全部手洗いで脱水までするというのは、中々重労働です。
私も洗濯から濯ぎから脱水まで、全ての工程を手洗いにするのは続かずに断念しました。
そこで自分なりに考えたのは、洗濯機の洗いにかける設定時間を短くすることで電気消費量を抑えること。

洗剤を溶かした水に衣類を一晩漬け込んでから洗い、洗濯機の洗いの設定時間を短くすることです。
漬け込むことで汚れは落ちやすくなります。
流れは、夜お風呂に入ってから、お風呂のお湯を衣類が入った状態の洗濯機に入れておく。
朝起きて、洗濯の時間を一番短い3分に設定してスイッチオン。
そうすると、ただ洗濯機任せにするよりも時間は短縮できます。
軽いものだと、洗いと濯ぎの工程のみ手洗いで行い、脱水を洗濯機にお願いする。
ただ洗濯機任せにするのではなく、無理なく一手間加えることで水道代も電気代も節約できますよ。