読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



感想・書評「国のために死ねるか:伊藤祐靖」ネタバレ注意・北朝鮮による「能登半島沖不審船事件」をきっかけに著者は特殊部隊の創設に携わります(レビュー)。 #読書

読書感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

国のために死ねるか 伊藤祐靖  日本人なら読むべし

自衛隊「特殊部隊」創設者だそうです。
そもそも「特殊部隊」というものを皆さんご存知かということから始まります。
なんとなくイメージはできますが、日本の自衛隊にゲリラ戦専門の部隊があることは知りませんでした。
北朝鮮による「能登半島沖不審船事件」をきっかけに著者は特殊部隊の創設に携わります。
しかしながら創隊途中に人事異動を機に軍の方針に疑問を抱いて、後進へのゲリラ戦の育成を考えミンダナオ島へと渡ります。
そこでの訓練パートナーだった屈指の女性戦士ラレインとの交流から「日本国」というものに疑問を感じ始めます。
本のタイトルである「国のために死ねるか」は特殊部隊なら全員覚悟ができている人間だといいます。
逆にそのような人間に対して犠牲を強いる国側がどうなのかという問いかけです。
拉致問題や米軍のこと、戦後日本の国体など歴史認識によって読む側の感想はそれぞれでしょうが、日本人なら読んでおいて損の無い一冊かと思います。

☆今日のブログ飯(生活、乱れている)

「地獄谷温泉」は、猿が温泉に入ることで有名になったところです。著者は取材に行っており、巻末には「取材ノート」が「あとがき」を兼ねて、書かれています。

事件の発端は10年前の学生時代。

感想・書評「地獄谷温泉殺人事件:吉村達也」ネタバレ注意・、巻末には「取材ノート」が「あとがき」を兼ねて、書かれています(レビュー)。 #読書 - ナカノちゃんねる