読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



感想・書評「入社1年目の教科書:岩瀬大輔」ネタバレ注意・こんなに面白い実用書は初めて(レビュー)。 #読書

読書感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

入社1年目の教科書 岩瀬大輔 こんなに面白い実用書は初めて!

面白い本でした。この本を手にしたきっかけは内定先の上司に勧められたことでした。上司は新入社員のための本を毎年一冊は読まれているそうなのですがその中でも最もお勧めの本だそうです。勧められてすぐ読んだのですがまだ学生の身ではありますが、私も周りの友人に勧めようと思うくらいの充実した内容でした。
まず実用書特有の嫌な感じを受けないのがいいなと思いました。個人的な意見なのですが実用書の類はその本の中でおすすめされているようなことを実践していない人を否定的に捉える向きがあるように感じていてそれが苦手でした。なぜまだ実践していない人がこれから実践しようと思って買う本のはずなのに悉く否定されてやる気を削がれなければいけないのかと思っていたのです。しかし、その点で本書は否定されているように捉えられる部分が比較的少なく素直に読むことができました。素直に読めたおかげで書いてあることをどんどん実践して行こう!という気持ちになったのです。
実際に書かれていることでやはり一番印象に残ったのは「仕事の完成度が50%でもいいからとにかく出せ」「はやくとりかかれ」といったような内容の箇所でした。頼まれた仕事にすぐ取り掛かることで信頼を得られること、そして新人が100%のものをつくることは不可能なことであるから早めに出してアドバイスをもらったり方向性を確認することが大切だと書かれていて納得しました。
今から取り組めそうなこともたくさん書いてあったのがすぐに実践できそうでよかったです。例えばとったメモは行き帰りに読み返して復習することや明るいフレッシュな挨拶を心がけることは研修や普段の生活でもできそうだなと思ったのです。そして実際に実践してみてメモを読み返すのは自分自身の不安軽減につながりましたし、明るく挨拶をすることでその先の会話につなげることができ人との関係がよりスムーズに進むように感じました。
本書を読んで入社一年目の社会人というよりは入社前に読むと準備をしていることになるのでこれからの新生活に対する不安を少しでも軽減することに役立つのではないかと思いました。

ありがとう寄稿。

唐沢寿明演じる京極浩介と窪田正孝演じる望月亮太の2人のボケとツッコミのリズムが非常に聞いてて気持ちがよく、面白い。京極は30年間という長い時間の隔たりがあるため、彼自身普通と思って行っている行動は、現代のルールからは外れている。

ラストコップ4話ThE LAST COP/テレビ感想&あらすじネタバレ注意・藤木直人演じる松浦聡とその娘の松浦杏奈が話の軸となっている。 #TV | みんなのレシピ・お料理ブログ。