読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



厳格化しなければいけないのは、事故が起きた時に原子力発電を営む電力会社そして国が取る対策/原子力発電ブログ世論調査(賛成派)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

福島原発事故をどう受け止めるか

原子力発電の是非をYesかNoの二者択一で問われればYesです。

一旦事故が起きれば途方もない被害が出るのは事実です。今回の福島原発での悲惨さは皆の胸に焼きついています。だから“転ばぬ先の杖”で危険なものをもう作らない、そうすれば事故も起きない、だから原発はもう要らないと。

それでは生活する上でのエネルギー源をどこから得るのでしょうか、先進国の技術力をもってしても自然エネルギーだけで我々が生活していくことは不可能です。貿易収支が赤字になったと最近のニュースで伝えていましたが、それは当然です。原子力発電に代わる代替品を輸入しなくてはならないのですから。

まず厳格化しなければいけないのは、事故が起きた時に原子力発電を営む電力会社そして国が取る対策だと思います。今回の福島原発事故では、被害が出た時(爆発が起こる前)に原子炉を廃炉にするということは出来なかったのかということです。政府や東京電力内部では廃炉についての話は爆発前に当然出てきたと信じたいですが、判断・決断出来る人がいないが為に被害が今も拡大し続けていることはとても残念です。

火力・水力に頼ることへの環境上での問題回避の為にも原発との共存は進めていくべきと思います、但し重大事故発生時の対処方をはっきりと決めた上で。