読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



コウノドリ第8話/ドラマ感想&あらすじ・死産を体験しているお母さんのお話でした(ネタバレ注意)。 #DRAMA


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

涙なしでは見れないコウノドリ第8話

毎週のように泣かせてもらってるドラマですが、8話はやばかったです。
子供に問題が発生してしまったお母さんと一度、死産を体験しているお母さんのお話しでした。
問題は唇が割れてしまったまま産まれてくる病気でした。手術すれば治る症状ですが、そんなことを言われても家族は心配ですよね。
お母さんが私が悪かったのかも!と自分を責めてしまう気持ちが体験しないと分からないですけど不安が伝わってきました。
ちゃんと理解して立派に育てる!と決意した時の表情がお母さんになってて母は凄いと感じました。

死産を体験したお母さん母は二度目の出産!
初めての時が病気で死産を経験しているので出産が怖かったのですが無事に産まれてくれて出産シーンは泣いてしまいました。
一番ポロポロだったのが死産の回想シーン…
天国に行けるようにって「翼」と言う名前をつけたんだそうです。
立派な名前なのに天国にと言う思いが込められてるのが何とも言えなくて…
無事に2人目が産まれてくれてよかったです。
やっぱり多くの人に見てもらいたいドラマです。

ありがとう寄稿。

でもやはり子供のことは第一に考えたいので、子供が帰ってくるまで、土日は休み、長期休暇は完全休み…そんな条件で一応探してみましたが、なかなか条件に見合う仕事がありませんでした。

子育てママの仕事・求人:子供に寂しい思いをさせない仕事を探していたら、クラウドワークスと出会いました。 | 安心の在宅ワーク!稼ぐ人の口コミ・ブログライティング。

長崎屋の一人息子、一太郎は生来、体が弱くていつも死にかけているほど。彼を世話したり看病したりする二人の奉公人、仁吉と佐助は実はあやかしです。

感想・書評「畠中恵のしゃばけ」ネタバレ注意・長崎屋の一人息子、一太郎は生来、体が弱くていつも死にかけているほど(レビュー)。 #読書 - みんなのブログ。