読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



感想・書評「発達障害の子どもたち:杉山登志郎」ネタバレ注意・一般人の思い込みを医学的に検証し、適切な教育的配慮と医学的対処ができれば(レビュー)。 #読書

読書感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

『発達障害の子どもたち』(杉山登志郎):発達障害の間違った常識を打ち破る

子どもを持つ家庭や学校現場、さらに医療界で注目されている発達障害。しかし、発達障害という言葉が広まるにつれて、医学的・教育的な裏付けがない話が広まり始めており、「発達障害児は天使ちゃん」とまで称するような現状が生まれています。この『発達障害の子どもたち』では発達障害に関する一般人の思い込みを医学的に検証し、適切な教育的配慮と医学的対処ができれば発達障害の子どもであっても自立は可能であることが述べられています。

筆者は発達障害を専門にしている現場の医師であり、無責任なネット上の情報や個人的な体験談よりもはるかに説得力があります。特に、自分が見てきた患者の症例とその後を述べ、何が良かったのか悪かったのかを分析しているのは大いに参考になります。と同時に、発達障害でも自立できるかどうかは家庭と親による部分が大きいのだとも分かり、家庭での家族のあり方の重要性を再認識させられました。あたかも事実のように語られる「発達障害は一生治らないし、治療方法はない」「発達障害児も普通の教育を受ける方が幸福であり、また発達にも良い影響がある」「幼児期から子どもの自主性を重んじることが子どもの発達をより促進する」などという間違った認識を改める1冊に仕上がっているので、子どもを授かることを考えている大人・発達障害の子どもを抱えている家庭・教員になりたい人は読んでおくべき1冊だと思います。

ありがとう寄稿。

貧乏な家で育った女の子が貧乏が大嫌いな大人に成長して、美人なスチュワーデスになる。金持ちと結婚するために合コン三昧の日々を送っている。そこで、貧乏人の男と出会い、次第に惹かれて、恋に落ちていくも物語。

貧乏な家で育った女の子が貧乏が大嫌いな大人に成長して、美人なスチュワーデスになる…やまとなでしこ/最終回・結末の感想ネタバレ注意!あらすじ。 #テレビドラマ | アフィリエイト収入で生活したいブログ。