読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



感想・書評「週刊仮面ライダーオフィシャルパーフェクトファイル112号」ネタバレ注意・2008年に刊行されていたモノと一部重複はあるものの、それ以降の作品を補完(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

週刊仮面ライダーオフィシャルパーフェクトファイル112号

DeAGOSTINI社から刊行されている週刊仮面ライダー。
現在発刊されているモノは、2008年に刊行されていたモノと一部重複はあるものの、それ以降の作品を補完しているモノとなるので購入しています。
大体、毎号、仮面ライダー数人に対してのデータベース、シリーズを通して数体の怪人を取り上げた怪人図鑑、シリーズに登場するマシンやガジェットを取り上げたアイテムカタログ、主役、サブ、モブに関わらず登場した人物を取り上げるキャラクターファイル、毎号、特定の作品を取り上げてストーリー紹介をするストーリーガイド、そして、制作秘話や裏話で綴られるプロダクションノートで構成されています。
後に本としてではなくバインダーでファイリングする為に作られているので純粋な本と捉えられるかどうかは微妙な気もします。
毎号毎号バラエティに富んだラインナップで作られていますが、昔で言えばケイブンシャの大百科、ちょっと前だと仮面ライダーの1作品が終わる度に作られていた小学館の仮面ライダー◯◯大全集というような仮面ライダーを観る以上にハマる人向けの専門誌の要素が強……要素だけで成り立っているように思います。
昔の本では仮面ライダー 身長◯cm、体重◯kg、必殺技◯◯、愛車◯◯程度の基本設定しか書かれていなかったモノを今では身体の各部の設定や第何話に登場したとか、アイテムでこんな物をどう使ったまで書いてあり、もう1種の学問なんじゃないか?と思えるような感じです。
今号112号は大まかには『仮面ライダー電王』『仮面ライダーキバ』『仮面ライダー鎧武』あたりが大きくフューチャーされていて平成シリーズ寄りの刊になってるいます。
既に原作者の石ノ森章太郎先生が関わられた作品よりも平成に入ってから作られたシリーズの方が多くなってしまったのでそのような形式になってしまうんだなぁとは思いますが、昭和のライダーで育った世代としては幾ばくかの違和感と淋しさを感じてしまいますね。
また、コレは版権問題によるモノかも知れませんが、現在刊行されているシリーズは『仮面ライダーゴースト』の頃が最新ライダーだったので前作の『仮面ライダードライブ』まではラインナップに入れて製作されていますが、最新の112号までの間に『仮面ライダーゴースト』や『仮面ライダーアマゾンズ』等の新作が幾つか発表されていて、その部分についてはカバーされないという全然パーフェクトじゃない一面もありますね。
色々と足りない部分への不満はあるにしても、現在では1番の過去シリーズの情報ツールでありコレクターズアイテムだと思います。
191号まで刊行されるそうなのでまだまだ先は長いです。

ありがとう寄稿。

しかし、あんな優しげな人がどうしてああも傲慢な性格に生まれ変わってしまうのか不思議。

ユキは地獄に堕ちるのか5巻:藤原ヒロ作/感想ネタバレ注意!あらすじ・前巻ではレズ騒動が巻き起こったユキと春花…。 #COMIC - ジャンプ部屋ブログ