読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



介護福祉士・資格試験と合格した勉強法やアドバイス(生きることや命についての考えた方や感じ方、価値観などが問われます)。

資格取得と勉強法

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

介護福祉士 一応国家資格 やりがいのある仕事だと思います

介護の資格といえば、ヘルパー◯級とかありますが(そういえば今は名前が変わってますね、すみません)国家資格として、介護福祉士というものがあります。介護の仕事自体は、別に資格がなくてもどなたでもできる仕事です。ただやはり、プロとしての信頼をより得るために、資格があれば優遇されることがよくあります。

学ぶことといえば、基本的なこととして身体の作り、障害の種類や特徴、高齢者の身体や精神について、さらには、福祉に関する現在の法律や行政上のしくみなどについてです。そして、それぞれの体の状態に合わせた介護の仕方などを学びます。
先に挙げた事柄についてはテキストから学び、とにかく覚えなければいけない分野が多いです。基本的な知識を学んだ後にお互いの体を使って実践練習をします。片麻痺の方、半身不随の方、目が見えない方など、障害のある方になりきってもらい食事やトイレ、着替えなどを援助する練習をします。実際の技術は働いてから身につくことが多いので、資格を取る段階では、基本的なことだけでかまいません。
あと、ヘルパーなどの他の介護の資格との一番の違いは倫理面の内容が含まれるところだと思います。知識や技術だけでなく、生きることや命についての考えた方や感じ方、価値観などが問われます。人の生活の一番身近なところに接する仕事だけあって、能力だけでなく人となりが重要となってくる資格ではあります。
机上だけでなく、実際に働きながらとか教室などで数人で意見を交わし練習できる環境で勉強されることをお勧めします。