読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



天使なんかじゃない/最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・高校の卒業式で、主人公は学園の人気者で、生徒会の副会長…。 #漫画


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「天使なんかじゃない」の最終回は感動もの。

「天使なんかじゃない」の最終回は、本当に胸が暖かくなりました。
もう20年位前の漫画になりますが、私の中では未だに大好きな漫画に名を連ねる名作になります。

物語は高校一年生の夏休み明けから始まり、高校の卒業式、そして主人公が夢を叶えた姿で最終回を迎えるのですが、当然その間に紆余曲折が有るわけで、それを読んでいる側は全部知っているので、最終回の感動はひとしおでした。

最終回は主人公の高校の卒業式で、主人公は学園の人気者で、生徒会の副会長なのですが、答辞を読むことになります。
しかし、いざ答辞を読む時になると、感極まって読めなくなってしまう主人公。
そんな主人公の背中を押したのが、主人公の彼氏で生徒会長の晃。
晃の一声から生徒会の後輩や仲間達、友達、果ては全校生徒まで主人公へのエールの波が広がり、主人公は無事に答辞を読むことに成功しました。

そして数年後。
入学式。
答辞を読んだ壇上に、再び 立つ主人公。
美術が得意だった主人公は、母校の教師になったのでした。

またこんな漫画に廻り合いたいです。