読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



サイレーン最終回/ドラマ感想&あらすじ・猪熊はすでに殺したという証拠写真を見せつけられた里見は相当なショックで(ネタバレ注意)。 #DRAMA

テレビドラマ感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

サイレーン 12月15日 最終話

主人公刑事:里見偲(松坂桃李)とその相棒でもあり恋人の猪熊夕貴(木村文乃)、そして犯人役の橘カラ(奈々緒)の壮絶な戦いが見どころだった。カラは過去に友人を殺害して、整形手術をしてなりすましをしているなど、ぞっとする感じでした。特に最終回では、猪熊はすでに殺したという証拠写真を見せつけられた里見は相当なショックで、カラを殺害しようとしていたが、寸でのところで警官が現れ止められたので、殺人犯にならなくて良かった。

実際には猪熊はまだ殺されておらず、カラの恋人気取りの渡の別荘に監禁されて意識がもうろうとした状態で再開するが、ここでカラと里見の壮絶な戦いが始まったが、猪熊がカラを射殺して、火事になった別荘からカラの遺体が発見され、一件落着と思えた。しかし、病院で猪熊とキスをした里見は違和感を覚え、再度カラの学生時代を調査して、猪熊に双子の姉妹がいたことを確信した。カラはその同級生を過去に殺害して、最終回でその子の顔に整形手術をしたと言うことで、猪熊に成りすましていた訳であった。すると、別荘でカラと思われた女を射殺した猪熊はカラだったと言うことになる。最終的には渡の家に猪熊が監禁されており、ここでややこしい壮絶な戦いがまたもや行われた。ややこしいというのはカラが猪熊の顔をしているので、だから時々カラの顔に変身しているかのように撮影されわかりやすくなっていたのだろう。最終的にはカラは逮捕され、二人は元のさやに納まり刑事を続けていくことでハッピーエンドでした。殺人犯と言う役で可愛そうな気もしたが、奈々緒の美人顔で鋭い視線をするところとかがゾクッとし、良い演技をしていたと感じました。

ありがとう寄稿。

何故か分かりませんが、家にはたくさんのアロマキャンドルが。多分結婚式やら誕生日やら、何かの折に色々貰ったものなのでしょうが、中々減らない。

照明を消してキャンドルだけで過ごします/光熱費その他の節約術(香りいいのと、炎のゆらぎでリラックス) - みんなの政治経済ブログ。