読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



大貧乏 第1話/テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意・シングルマザー&2人の子持ちの小雪が主役。タイトル通りアクシデントが続いて、ほぼ無一文に。 #TV


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

大貧乏 第1話 2017年1月8日

シングルマザー&2人の子持ちの小雪が主役。タイトル通りアクシデントが続いて、ほぼ無一文になるところから物語がスタート。
テンポがいいというか、早過ぎるぐらいです。アパートの部屋から水漏れから勤めていた会社の破産までで約10分。とんとん拍子過ぎて小雪と2人の子供に感情移入する暇もありません。
残念なのは小雪にコメディセンスが無いことです。演技に問題もありますが演出にも疑問が残ります。シングルマザーの所帯じみた感じが全くないので「大貧乏」というタイトルの割には悲壮感はありません。なので、彼女と子供たちが絡むアパート内でのやりとりが「おままごと」みたいで興覚めでした。
コメディに徹していれば良かったのですが、話自体は因隠滅滅としてます。日曜の夜9時に見るドラマとしては微妙かも知れません。
彼女のことを学生時代から「ミューズ」としてアイドル視していた弁護士の柿原新一役、伊藤淳史は上手でした。

最終的に小雪と彼がくっつくのでしょうが、その成り行きには少し興味がわきました。