読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



宮部みゆきサスペンス:模倣犯/テレビ感想&あらすじネタバレ注意・犯人役の坂口健太郎の演技が光りました。 #TV


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

宮部みゆきサスペンス 模倣犯  9/21.22放送

2夜連続で放送された模倣犯。犯人役の坂口健太郎の演技が光りました。
原作は長いものらしく2時間ドラマの前後編でもかなりまとめるのに苦労したのではないでしょうか。
主演の中谷美紀さんはもちろんのこと、犯人役の坂口健太郎の見ていて憎たらしい感情移入できる犯人役がハマりました。
前半で最初に犯人とされる2人が車のブレーキがきかず崖に落ちて死亡するシーンがあるのですが、何ともあっけなく転落していく様は見ていて違和感がありました(普通ブレーキがきかなければサイドブレーキ引くなり、ギアをローに入れたりしないか?)。
また最初に犯人にされた一人の妹が本当の犯人(坂口健太郎)に促されて薬を自分で飲み自殺してしまうところもアッサリ感があり見ていてなんだかなぁと感じてしまいました。
しかしながら全体としては延べ4時間を超えるドラマにもかかわらず飽きることなく楽しめるドラマでした。

ありがとう寄稿。

最近、何かと江戸時代のことを取り上げる番組や雑誌が増えてきており、あたかも江戸ブームのような様相を呈しています。しかし、現在の東京は江戸時代の江戸とは比べものにならないほどかけ離れてしまいました。

感想・書評「半七捕物帳」江戸めぐり:今井金吾」ネタバレ注意・現代の地図に合わせて、舞台や場所を紹介しています(レビュー)。 #読書 - みんなの政治経済ブログ。