読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



感想・書評「アンデッドガール・マーダーファルス:青崎有吾」ネタバレ注意・舞台は20世紀初頭の平行世界。所謂化け物が存在するその世界で、殺人事件が起こります(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

青崎有吾のアンデッドガール・マーダーファルス、館シリーズとはまた違う趣が素敵です

 私が最近買って読んだのは、館(笑)シリーズでミステリーファンにはお馴染みの、青崎有吾の『アンデッドガール・マーダーファルス』です。
 舞台は20世紀初頭の平行世界。所謂化け物が存在するその世界で、殺人事件が起こります。場所はヨーロッパ、殺されたのは吸血鬼。妻を殺された夫の吸血鬼は、妖怪絡みの事件専門の東洋人の探偵たちに妻を殺した犯人を暴くよう依頼します。
 と書くと、吸血鬼が被害者である以外は、ごくごく普通のミステリーのよう。けれども、さすが「平成のクイーン」の異名を持つ青崎有吾、吸血鬼という設定を事件に二重にも三重にも絡めてきます。その、ファンタジーとミステリーの融合の美しさは、思わずため息が出るほど。まさに完璧と言えます。
 ミステリーに苦手意識を持っている人でも、ファンタジー要素もかなり強い作品ですし、何と言っても探偵役コンビの丁々発止の遣り取りが面白くて、思わずくすりと笑ってしまいます。
 文庫本で持ち歩きやすいサイズですし、気になる人は、是非、一度手に取ってみてください。

ありがとう寄稿。

石原さとみが演じる悦子が今回もやる気たっぷりで奮闘している姿が、見ていてスッキリする部分があります。自分の気持ちに真っ直ぐで周りのことも巻き込んでしまうが悦子の人柄からか恨みを買ったりすることなく、協力してくれる人の優しさも感じられるドラマだと思います。

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子2話/テレビ感想&あらすじネタバレ注意・テラコッタカラーのニットにブチ模様のブラウンのスカートを合わせている格好がとても好き。 #TV - みんなの政治経済ブログ。