読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



東京に降った大雪で水道代の節約術(日陰に積まれた雪はまだまだ利用価値たっぷり)

水道代の節約術

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

45年ぶり!? 東京に降った大雪で、水道代を節約!

今年2月、東京に降った大雪はすごかったですね。気温が低かったため、郊外では今も雪の塊があちこちに残っていて、特に狭い道では未だに車の往来を邪魔しています。晴れ間が見えるたび、ご近所の方々が道路に出て「雪干し」をするのが、ここ最近の風景…「この厄介モノ、何か活用できないものか…」

そこで、融かして、雨水を利用するのと同じように活用してみました。

雪かきで山積みにされた雪はなかなか融けませんが、バケツなどに入れて日向に置いておけば、半日ほどで融けます。私はガッツリ使いたかったので、70リットルのゴミバケツを活用しました。このバケツに、水槽を洗うときに使う手動のポンプを差したら、あとはシュポシュポとジョウロやペットボトルに入れて使います。私は、花の水遣りや、トイレの水に使いました。

70リットルのバケツで、すでに10杯ほど利用したので、その分の水道代は浮いたかな(^^

使える!とわかると、今度は雪が融けてしまうのがおしくなって、「もうちょっと温かくならないで~」なんて、思ってしまいます。日陰に積まれた雪はまだまだ利用価値たっぷり!