みんなの政治経済ブログ。

みんなで更新する社会派ブログです。

スポンサーリンク



小説感想

感想・書評「男子の本懐:城山三郎著」ネタバレ注意・心が折れそうな人に勇気を与えてくれます(レビュー)。 #読書

男子の本懐(城山三郎著)は心が折れそうな人に勇気を与えてくれます 元々城山三郎という作家が好きで、今まで何冊か読んだことがあります。この作家の作品の特徴は取材がしっかりしているせいか、主人公の心の動きをしっかり描写している事ですね。さて、「…

感想・書評「ハムレット/シェイクスピア」ネタバレ注意・最後のクライマックスでの急展開には、何度読んでも鳥肌が止まりません(レビュー)。 #読書

ハムレット/シェイクスピア シェイクスピア悲劇の最高傑作 元々大好きな作品でしたが、何度も読返していたためにボロボロになってきてしまっていたので新しく買い替えました。 本…というよりは台本、の感覚なので、「聞いたことはあるけど…」という方はとて…

感想・書評「邪宗門の惨劇:吉村達也・著」ネタバレ注意・推理小説作家・朝比奈耕作が、巻き込まれるミステリー(レビュー)。 #読書

「邪宗門の惨劇」 吉村達也・著 推理小説作家・朝比奈耕作が、巻き込まれるミステリーです。出演者はわずか3人の、「舞台劇」のような設定です。

感想・書評「羊と鋼:森宮下奈都」ネタバレ注意・内容をすぐに想像できると大変よく読むことができる(レビュー)。 #読書

羊と鋼の森宮下奈都読んでよかった 読みたい本というといろいろ決まっていると思います。どんな本を読みたいとおもうか自分によって決められるものがありますが、本のタイトルというとそうしたことを考えるひとつの方法だと思います。本にはいろいろな観点が…

感想・書評「極大射程:スティーブン・ハンター」ネタバレ注意・元海兵隊スナイパーの元に、謎の兵器開発会社が仕事の話を持ちかけてきます(レビュー)。 #読書

「極大射程」スティーブン・ハンター 伏線の引き方が見事 ベトナム戦争で相棒を失い、故郷に帰って孤独な生活をしていた元海兵隊スナイパーの元に、謎の兵器開発会社が仕事の話を持ちかけてきます。 内容は、様々な環境下で狙撃のシミュレーションを行い、そ…

感想・書評「夏月の海に囁く呪文:雨宮諒」ネタバレ注意・第1話「僕は能面」は、家が民宿を営んでる少年が島に来た女性に恋をする話(レビュー)。 #読書

夏月の海に囁く呪文 雨宮諒 よかったです。 この本は、短編小説が4話で構成されています。 第1話「僕は能面」は、家が民宿を営んでる少年が島に来た女性に恋をする話、第2話「ネバーランド」で、大人になりたくない大学生の同窓会での話、第3話「ちっぽけな…

感想・書評「その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス) 井上真偽」ネタバレ注意・この作品の面白いところといえば、まさに主人公のありえないほどの想像力と推理力に限ります(レビュー)。 #読書

その可能性はすでに考えた(講談社ノベルス) 井上真偽 この作品の面白いところといえば、まさに主人公のありえないほどの想像力と推理力に限ります。推理の論点は、あるカルト集団の集団自殺事件の真相です。事件を紐解いていくと、奇蹟が起きたとしか理由付…

『電車男』『モテキ』など数多くの大ヒットドラマや映画を手がける売れっ子演出・脚本家…感想・書評「川村元気:世界から猫が消えたなら」ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

川村元気『世界から猫が消えたなら』人生について考えさせられる一冊。 川村元気さんといえば、『電車男』『モテキ』など数多くの大ヒットドラマや映画を手がける売れっ子演出・脚本家さんですが、本作はそんな彼の初めての小説作品だそうです。さすがの面白…

感想・書評「自白 刑事・土門功太朗:乃南アサ著」ネタバレ注意・冒頭の作品「アメリカ淵」は、実際に起きた事件に基づいて作られたもの(レビュー)。 #読書

「自白 刑事・土門功太朗」 乃南アサ著 乃南アサの作品は構成がしっかりしていて内容も濃く、また話も面白いのでよく読みます。女刑事<音無貴子シリーズ>が特に好きなのですが、今回は短編が読みたくなってこの本を買いました。特に冒頭の作品「アメリカ淵…

感想・書評「コーヒーが冷めないうちに:川口俊和」ネタバレ注意・過去に戻ることのできる喫茶店が舞台のお話(レビュー)。 #読書

「コーヒーが冷めないうちに」川口俊和:過去を変えられなくても戻りたい過去はありますか。 過去に戻ることのできる喫茶店が舞台のお話しです。タイムスリップを取り扱う小説の多くは、現実を変えたいがために過去に戻るものがほとんどだと思います。

感想・書評「ハイエナ 警視庁捜査二課 本城仁一:吉川英梨」ネタバレ注意・汚職事件の犯人を取り逃がすヘマを犯して職場に居場所をなくすところから物語は始まります(レビュー)。 #読書

「ハイエナ 警視庁捜査二課 本城仁一」 吉川英梨・著 主人公である叩き上げのベテラン刑事、本城が、汚職事件の犯人を取り逃がすヘマを犯して職場に居場所をなくすところから物語は始まります。そんな頃、エリート警察官僚である息子の智也から、詐欺組織に…

感想・書評「幼年期の終わり:アーサーcクラーク」ネタバレ注意・オーヴァーロード(最高君主)と呼ばれる異星人は姿を見せることなく人類を統治し、平和をもたらした(レビュー)。 #読書

幼年期の終わり アーサーcクラーク 感動。 ある日、巨大な宇宙船が地上に降りてくる。オーヴァーロード(最高君主)と呼ばれる異星人は姿を見せることなく人類を統治し、平和をもたらした。はたして彼らの目的とは?

感想・書評「スパイダーバース ダン・スロット」ネタバレ注意・世界は多元宇宙(マルチバース)で出来ている(レビュー)。 #読書

スパイダーバース ダン・スロット あっちもこっちもスパイダーマン! 日本でもお馴染み、アメコミヒーローの邦訳3部作の1作目。この世界は多元宇宙(マルチバース)で出来ている。それはニューヨークで活躍しているスーパーヒーロー「スパイダーマン(ピータ…

感想・書評「デッドプールvol.2ソウル・ハンター ジェリー・ダガン他」ネタバレ注意・依頼内容は、過去に悪魔と契約をした人間の魂を狩ること(レビュー)。 #読書

デッドプールvol.2ソウル・ハンター ジェリー・ダガン他 デッドプール、悪魔と契約する アメリカで出版されていた「マーベルナウ!」シリーズ第二巻。過去に起こったとある出来事により、今度のデッドプールは悪魔に雇われた。依頼内容は、過去に悪魔と契約…

感想・書評「τになるまで待って:森博嗣」ネタバレ注意・洋館の様子や人物の描写もつねにドキドキさせるものですし、トリックも、確かに!(レビュー)。 #読書

τになるまで待って 森博嗣のミステリ 森博嗣さんの本は今回が初めてでした。いままでなんとなくめんどくさそう、Φとか難しそう…と思っていました。 手に取ったきっかけは、ミステリが読みたかったから。最近のように寒くなってくると、夜にミステリを読みた…

感想・書評「草祭:恒川光太郎」ネタバレ注意・ホラーというよりはファンタジーです。短編5作品(レビュー)。 #読書

「草祭」 恒川光太郎 「夜市」で「日本ホラー大賞」受賞作家 「ホラー大賞」を受賞して、デビューした作家ですが、この「草祭」は、ホラーというよりはファンタジーです。短編5作品です。 どこかにありそうな不思議な町・不思議な場所の物語です。子供のこ…

感想・書評「デッドプール モンキー・ビジネス:ダニエル・ウェイ」ネタバレ注意・憧れのスパイダーマンを求めてニューヨークへやってきた(レビュー)。 #読書

デッドプール モンキー・ビジネス ダニエル・ウェイ デッドプール、メイドになる 今年ハリウッド映画として公開された『デッドプール』の邦訳の1つ。憧れのスパイダーマンを求めてニューヨークへやってきたデッドプールだったが、当のスパイダーマンに殺人事…

感想・書評「ペンギン・ハイウェイ:森見登美彦」ネタバレ注意・ストーリーは街に突然ペンギンがあらわれたり、謎の雲のような物体が(レビュー)。 #読書

『ペンギン・ハイウェイ』 森見登美彦 これは子どもの、大事で不思議な研究の話。SF大賞受賞作。 SFらしい、非常にばらばらなキーワードがあちらこちらに登場するのだけど、それらが実は全てレゴブロックのごとく組み立てられているというのを、読者と作中人…

感想・書評「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」ネタバレ注意・2017年秋に二宮和也で映画化(レビュー)。 #読書

「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」 田中経一:2017年秋に二宮和也で映画化 主人公佐々木充は、死期が近い人々の思い出の料理を完璧に再現する「最期の料理請負人」です。佐々木はある時、第二次大戦中、満州で天才料理人の山形直太朗によって作られた究極…

感想・書評「N氏の遊園地:星新一」ネタバレ注意・予想外の結末が面白い(レビュー)。 #読書

N氏の遊園地 星 新一 予想外の結末が面白い 中学生の頃に星新一さんの作品を初めて読んで、すっかり彼の作品のファンになったんです。それまではタイトルを見て気に入れば読むというスタイルで本を読んでいたので特定の作家さんの作品を読み続けたのは彼が初…

感想・書評「異人館画廊シリーズ:谷瑞恵」ネタバレ注意・ミステリー要素あり、恋愛要素あり、入り込める世界観(レビュー)。 #読書

谷瑞恵の異人館画廊シリーズが面白い! 谷瑞恵さんの異人館画廊という本を読みました。谷さんがもともと好きだったので、ふらっと立ち寄った本屋で見かけて即買いしましたが、結果的にオーライでした。イギリス帰りの帰国子女の主人公と、過去に交流もあった…

感想・書評「朱夏」警視庁強行犯係・樋口顕:今野敏著・ネタバレ注意・樋口の勤務の様子、家庭の様子が描かれますが、ふつうの家庭で(レビュー)。 #読書

「朱夏」警視庁強行犯係・樋口顕 今野敏著 警視庁の樋口警部補の妻が誘拐されます。どうして?身代金目的ではないのです。では~なぜ? 樋口の勤務の様子、家庭の様子が描かれますが、ふつうの家庭で、どこにも問題はないように思えます。

異性愛者と同性愛者の話、ではなく夫とその愛人の二人が好きな女性…結局何も解決していない・感想・書評「きらきらひかる(江國香織)」ネタバレ注意・(レビュー)。 #読書

きらきらひかる(江國香織):結局何も解決していない 異性愛者と同性愛者の話、ではなく夫とその愛人の二人が好きな女性、妻には好意を持っているが愛は他の相手にある男性1、男性1の恋人だが男性1の結婚により愛人になってしまった男性2という奇妙な三角…

感想・書評「アンデッドガール・マーダーファルス:青崎有吾」ネタバレ注意・舞台は20世紀初頭の平行世界。所謂化け物が存在するその世界で、殺人事件が起こります(レビュー)。 #読書

青崎有吾のアンデッドガール・マーダーファルス、館シリーズとはまた違う趣が素敵です 私が最近買って読んだのは、館(笑)シリーズでミステリーファンにはお馴染みの、青崎有吾の『アンデッドガール・マーダーファルス』です。

感想・書評「ここはボツコニアン3 二軍三国志:宮部みゆき」ネタバレ注意・ゲームのネタによくあるボツネタが集まってできた世界のお話(レビュー)。 #読書

宮部みゆき著「ここはボツコニアン3 二軍三国志」 ゲームのネタによくあるボツネタが集まってできた世界のお話。ボツの世界をより良い世界にするために選ばれた長靴の戦士「ピノとピピ」がボツコニアンの取扱説明書「トリセツ」とともにボツコニアンの世界を…

感想・書評「ガラダの豚:中島らも」ネタバレ注意・綿密に練られたストーリー設定と、終盤で回収される伏線の数々が読んでいて気持ちいい(レビュー)。 #読書

「ガダラの豚」中島らも 綿密に練られたストーリー設定と、終盤で回収される伏線の数々が読んでいて気持ちいいです。

感想・書評「金閣寺:三島由紀夫」ネタバレ注意・文章がすごくきれい。比喩の使い方が面白い(レビュー)。 #読書

三島由紀夫の『金閣寺』は結構怖かったです 三島由紀夫の『金閣寺』を読みました。有名作品なので手を出してみたんですが、評価されるだけあってすごかったです。 まず文章がすごくきれいなんですよね。何より比喩の使い方が面白いです。この描写をこう例え…

感想・書評「魔中獣狩り Ⅱ 暗黒編:夢枕漠」ネタバレ注意・僧の美空、かれは無痛症といわれる、生まれつき痛みの感覚がない特異体質(レビュー)。 #読書

魔中獣狩り Ⅱ 暗黒編 夢枕 漠 獏さんお得意の魔獣狩りシリーズです。何度見ても面白い 獏さんの本は、20年、いやもっと前から新作の出るのを待ち構えては買っていました。産金は新刊を購入するのは少なくなり。もっぱら古書店で探すのが多いです。今回も古本…

感想・書評「贖罪;湊かなえ」ネタバレ注意・四人の女性が代わる代わる登場し、自分の過去と、現在と(レビュー)。 #読書

贖罪;湊かなえの代表作。登場人物が追い詰められていく 湊かなえさんの代表作のひとつである贖罪。四人の女性が代わる代わる登場し、自分の過去と、現在と、そしてこれから起こるであろう悲しい未来を予兆させてある人物への贖罪が続いていきます。登場する…

感想・書評「有頂天家族/森見登美彦」ネタバレ注意・京都を舞台に主人公の狸、矢三郎とその家族、天狗の赤玉先生、人間だが天狗の力を持つの弁天を中心にお話(レビュー)。 #読書

有頂天家族/森見登美彦 狸と天狗と人間がおりなすファンタジー 有頂天家族は、京都を舞台に主人公の狸、矢三郎とその家族、天狗の赤玉先生、人間だが天狗の力を持つの弁天を中心にお話が展開していきます。作者の森見登美彦さんは京都を舞台にした作品を多く…

作品の時代は昭和14年頃の戦時中であり、帝国陸軍の結城中佐によって秘密裏に設立されたスパイ養成学校、通称「D機関」の掟…感想・書評「ジョーカー・ゲーム:柳広司」ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

ジョーカー・ゲーム 柳広司 日本傑作のスパイ小説 「死ぬな、殺すな、とらわれるな」。作品の時代は昭和14年頃の戦時中であり、最初に書いた言葉は帝国陸軍の結城中佐によって秘密裏に設立されたスパイ養成学校、通称「D機関」の掟である。「自決」が当たり…

感想・書評「コインロッカーベイビーズ:村上龍」ネタバレ注意・キクとハシがまるで双子のようにいつも一緒で仲良く助けられながら育ち(レビュー)。 #読書

コインロッカーベイビーズ 村上龍 コインロッカーで生まれた2人の物語 この本を読み終わった時になぜか長年胸につっかえていたものが軽くなったような気がしました。けして明るい話ではなく、むしろ暗くて文章の一つ一つが胸に刺さるような印象をもって読ん…

感想・書評「コレクション近代日本文学:石尾奈智子ほか」ネタバレ注意・日本文学者33人の作品を、小説・詩・短歌・俳句のジャンル別にまとめたアンソロジー集(レビュー)。 #読書

『コレクション近代日本文学』(石尾奈智子ほか編):日本文学で何を読んだらいいか分からない人へ 日本がもっとも激動の渦に巻き込まれた近代という時代。文学の世界もまた激動の渦中にありました。様々な思想や立場を持つ文学者が現実と対峙する中で生まれ…

感想・書評「光:道尾秀介」ネタバレ注意・感動できる本です(レビュー)小学生が主人公ですが、もっと年長の青年期に向いています。 #読書

「光」道尾秀介 小学生が主人公ですが、もっと年長の青年期に向いています。 児童用の本かと思っていましたが、内容が深く中学生・高校生・大人までが感動できる本です。 主人公は小学生。その友人たちとの冒険談です。 身近な、なぞ・不思議から、どんどん…

感想・書評「ファミリーポートレイト:桜庭一樹」ネタバレ注意・母娘の逃避行を描いた本、エンディングでよかったです(レビュー)。 #読書

桜庭一樹『ファミリーポートレイト』は母娘の逃避行を描いた本 『ファミリーポートレイト』は母娘の奇妙な逃避行と、その逃避行が終わった後の主人公の余生について書かれた本です。

感想・書評「ソードアートオンライン プログレッシブ4巻著:川原礫」ネタバレ注意・遺跡や地下ダンジョンを主体とした第5層の攻略を描いています(レビュー)。 #読書

小説・ソードアートオンライン プログレッシブ(4) 著:川原 礫 人気ライトノベル、ソードアートオンラインシリーズの原点となった「アインクラッド編」を深く掘り下げているもはやスピンオフでは収まりきらない外伝シリーズの最新刊です。

感想・書評「闇の守り人/上橋菜穂子」ネタバレ注意・女用心棒バルサは過去との精算、そして養父であるジグロの汚名を晴らすため故郷に(レビュー)。 #読書

闇の守り人/上橋菜穂子/バルサとジグロ。二人の想いが溢れる「守り人(もりびと)シリーズ」第二段 綾瀬はるかが主人公バルサを演じ、実写ドラマ化が決定した「守り人シリーズ」。実写ドラマ化もアニメ化もした第一作「精霊の守り人」の続きが気になり、第二作…

感想・書評「星籠の海 上巻下巻:島田荘司」ネタバレ注意・事件は瀬戸内海に浮かぶ美しい島に、全裸の遺体が連続して漂着することから始まります(レビュー)。 #読書

星籠の海 上巻下巻 著/島田荘司 御手洗(みたらい)シリーズを読んだのは何年ぶりだろうか。久しぶりに新刊がでたのは聞いていたが、映画のために書き下ろしたのだと知り、慌てて書店へ。残念ながらノベル版しかなかったのでこちらを購入。二日かけて読み終…

感想・書評「ガンゲイル・オンラインⅣ _サード・スクワッドジャム_ビトレイヤーズ・チョイス<上>時雨沢恵一」ネタバレ注意・作中ではSJ3(サードスクワッドジャム)の大会開催が決定(レビュー)。 #読書

ガンゲイル・オンラインⅣ _サード・スクワッドジャム_ビトレイヤーズ・チョイス<上> 時雨沢恵一 待ちに待った時雨沢恵一(しぐさわけいいち)さんのガンゲイル・オンライン新刊です。前の巻で終わりなのかなという雰囲気だったので驚きましたが、やっぱ…

感想・書評「左京区恋月橋渡ル:瀧羽麻子」ネタバレ注意・同じシリーズの「左京区七夕通東入ル」をだいぶ前に購入したのですが、こちらの作品は非常に好きで何度も読んでいました(レビュー)。 #読書

左京区恋月橋渡ル 瀧羽麻子 つまらなかった。 同じシリーズの「左京区七夕通東入ル」をだいぶ前に購入したのですが、こちらの作品は非常に好きで何度も読んでいました。 ふと上記作品の裏表紙をみて、シリーズものがあると知り、今回「左京区恋月橋渡ル」を…

感想・書評「卵をめぐる祖父の戦争 デイヴィッド・ベニオフ」ネタバレ注意・餓死者が出るほどの食糧危機に見舞われていたレニングラードの描写はリアリティ(レビュー)。 #読書

卵をめぐる祖父の戦争 デイヴィッド・ベニオフの戦争寓話 餓死者が出るほどの食糧危機に見舞われていたレニングラードの描写はリアリティがあるにも関わらず、作者の祖父の一人称で語られるために児童文学のような雰囲気があり、残酷なシーンでもさっくり読…

感想・書評「海辺のカフカ/村上春樹」ネタバレ注意・ストーリーも最初から最後まで抜かりなく不思議な世界(レビュー)。 #読書

2度目! 海辺のカフカ/村上春樹 2度目の購入!何年も前に読みました。その時の感想は「よくわからん???」なのにまた読みたくなった不思議な本。ストーリーも最初から最後まで抜かりなく不思議な世界が広がっています。カフカと名乗る少年を中心としたス…

感想・書評「エイジハラスメント:内館牧子」ネタバレ注意・34歳の主人公大沢蜜は、ごく普通のでもその辺の主婦より若くて綺麗な主婦のお話(レビュー)。 #読書

エイジハラスメント内館牧子 連続ドラマ化 34歳の主人公大沢蜜は、ごく普通のでもその辺の主婦より若くて綺麗な主婦のお話です。 可愛い娘にも恵まれ、優しくて主人公の蜜のことをとても大事にしてくれて、ちゃんと妻の事を褒めてくれるご主人にも恵まれてい…

感想・書評「遺跡発掘師は笑わない まだれいなの十字架:桑原水菜」ネタバレ注意・舞台は長崎。キリシタンの聖地に降り立った無量と萌絵(レビュー)。 #読書

遺跡発掘師は笑わないまだれいなの十字架 桑原水菜 天才遺跡発掘師の西原無量と発掘師派遣業亀石発掘派遣事務所、通称カメケンの社員で素人の永倉萌絵の異色タッグの本格ミステリー第三弾。 今度の舞台は長崎。キリシタンの聖地に降り立った無量と萌絵。降り…

感想・書評「数えずの井戸/京極夏彦」ネタバレ注意・もとネタは怪談の番町皿屋敷(レビュー)。 #読書

【数えずの井戸/京極夏彦】があまりにも切ない。 若い頃から好きでよく読んでいた京極作品。 この頃読書離れしているなと危機感を覚え、本屋さんに駆け込んで見つけたこの作品。あっという間に読み終え、その出来の素晴らしさ故、読んだことに満足し、その内…

感想・書評「国銅・上下全二巻:帚木蓬生(ははきぎ ほうせい)」ネタバレ注意・743年、主人公は人足の国人(くにと)の青春の一時期の話(レビュー)。 #読書

国銅上下全二巻 帚木蓬生(ははきぎ ほうせい) 現代が文化も人間も優れているわけじゃない まずは筆者名。御存じの方は読めると思うのですが、私は読めず、そして間違えて覚えてしまい、探すのに一苦労でした。 話は743年の春から始まる日本の話。主人公…

感想・書評「SRO Ⅵ 四重人格:富樫倫太郎」ネタバレ注意・シリーズ第6弾です。新たなシリアルキラーが登場(レビュー)。 #読書

「SRO Ⅵ 四重人格」 富樫倫太郎・著 この小説は警視庁広域捜査選任特別調査室、通称SROの個性的なメンバーが難事件に挑むシリーズ第6弾です。新たなシリアルキラーが登場しましたが、私は前作までの近藤房子の話よりもこの作品の方が好みでした。林葉…

感想・書評「秋葉原先留交番ゆうれい付き(西條奈加)」ネタバレ注意・口の悪いヒロインとオタク&イケメン警官の事件簿が始まる…(レビュー)。 #読書

「秋葉原先留交番ゆうれい付き」(西條奈加)口の悪いヒロインとオタク&イケメン警官の事件簿が始まる…! この町は、世界で一番鬱陶しい。 そんな書き出しではじまるのは、秋葉原を舞台にした幽霊譚。 主人公の季穂(きほ)は口が悪い。秋葉原の雑踏を「ク…

感想・書評「クラッシュ・ブレイズ 逆転のクレヴァス:茅田砂胡」ネタバレ注意・リィ(エドワード・ヴィッキー・ヴァレンタイン)がヴィッキー・ヴォーンと間違えて誘拐されてしまい、シェラ・ルゥ・コール警部の必死の捜索が展開(レビュー)。 #読書

クラッシュ・ブレイズ 逆転のクレヴァス 茅田砂胡 クラッシュ・ブレイズシリーズの14巻目に当たる。リィ・シェラ・ルゥの三人を中心として展開していくノベルス。「デルフィニア戦記」や「スカーレット・ウィザード」と違い、何巻目から読んでも楽しむことが…

感想・書評「人びとの旅路:内海隆一郎」ネタバレ注意・短編集、現代の疲れきった生活を癒すサプリのようなお話(レビュー)。 #読書

人びとの旅路 内海隆一郎 現代の疲れきった生活を癒すサプリのようなお話 疲れた毎日を、きゅっと引き締め、また明日からも頑張ろっかな、と思わせてくれる短編集です。 何気ない日常の中にある、人びとの心の葛藤や悩み、喜び、そういったものが表現されて…